autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート シボレー キャプティバ 試乗レポート/岡本幸一郎 2ページ目

試乗レポート 2011/8/22 17:04

シボレー キャプティバ 試乗レポート/岡本幸一郎(2/3)

関連: シボレー キャプティバ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
シボレー キャプティバ 試乗レポート/岡本幸一郎

実用性への細やかな配慮が各部に見られる

シボレー キャプティバ
シボレー キャプティバシボレー キャプティバ

ちょっと派手めの外観に対し、インテリアは比較的オーソドックス。質感はそれほどでもないものの、直感的に使いやすいシンプルなレイアウトとなっているところがいい。これでウインカーレバーとATのマニュアルモードのゲートが右側にあったら、日本車と本当に同じ感覚で乗れそうだ。

収納スペースの設定にも心配りが見られ、中でも複雑な芸当をするセンターコンソールはアイデア賞もの。その他、ダッシュ中央やステアリングコラム右下に小物入れがあるし、オーバーヘッド部にはグラスホルダーが備わる。

地上高はむろんそれなりに高いものの、思ったほど高くない印象で、乗降性への配慮からサイドシル高も低く抑えられている。

シボレー キャプティバシボレー キャプティバ

室内は広々としていて、気になる2列目の居住性もかなりのもの。3列目に乗り込むには、2列目シートのリクライニングとは別のレバーを引いてフォールドさせればOK。

3列目の居住性はそれなりで、ヒール段差(フロアから座面まで距離)が小さいため、体育座りに近い姿勢となるが、シートのサイズや頭上空間は意外と大きく、十分に実用に足るもの。いざというときにはしっかり役目をこなしてくれることだろう。

ラゲッジスペース容量は、通常時で477リットルを確保。2列目と3列目シートは、ワンタッチで折り畳むことが可能で、最大で1577リットルという広くフラットなスペースを得ることができる。

欲をいうと、トノカバーのバーを外さないと3列目シートを上げ下げできないので、このバーがフロア下に収められるようになっていたほうが、なおありがたかったところだ。テールゲートのガラスハッチ部分を単独で開閉できるのも特徴。

最近では、なぜかこの機構を持つ車種が減ってきているようだが、あったほうが絶対に便利だ。これら一連の実用性への細やかな配慮が各部に見られるのもキャプティバの特長だ。

シボレー キャプティバシボレー キャプティバシボレー キャプティバシボレー キャプティバシボレー キャプティバ
シボレー キャプティバシボレー キャプティバシボレー キャプティバシボレー キャプティバシボレー キャプティバ

シボレー キャプティバ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

シボレー キャプティバ の関連記事

シボレー キャプティバの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シボレー キャプティバ の関連記事をもっと見る

シボレー キャプティバ の関連ニュース

シボレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22