autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート キャデラック 新型エスカレード 試乗レポート/石川真禧照

試乗レポート 2012/6/11 18:42

キャデラック 新型エスカレード 試乗レポート/石川真禧照(1/2)

関連: キャデラック エスカレード Text: 石川 真禧照 Photo: 茂呂幸正
キャデラック 新型エスカレード 試乗レポート/石川真禧照
キャデラック 新型エスカレード

エスカレードはキャデラックが1999年に初代モデルを発売。現行モデルは3代目で、2007年に登場した。

堂々としたボディの高級SUVということで、アメリカ本国ではラップミュージシャンやスポーツ選手、TVスターのプライベートカーだけでなく、VIP警護用の車両としても使われている。

日本でも以前から輸入されていたが、昨年、それまでの正規輸入元が撤退したので、2012年モデルの販売が心配されていた。しかし、熱心なファンからの要望もあり、GMジャパンが輸入の継続を決定したのだ。

2012年モデルはエスカレードとエスカレード・プラチナムの2モデルが用意されている。車両価格もエスカレードで840万円と、2011年モデルよりも約115万円も安く設定された。さらに、新車登録から3年間または10万km走行まで、メーカー指定点検整備とメンテナンスをパッケージしたサービスプログラムなども適用されることになった。  

新型エスカレードの車体は全長5155mm、全幅2040mm、全高1945mm、とかなり大きい。フレームを持ち(クロスオーバーと呼ばれるSUVは基本モノコック構造)、5ドア、.3列シートを備えている。車両重量も2600kgを超えている。

キャデラック 新型エスカレードキャデラック 新型エスカレードキャデラック 新型エスカレードキャデラック 新型エスカレードキャデラック 新型エスカレード
キャデラック 新型エスカレード

走り出す前に室内の使い勝手をチェック。左ハンドルのフロントシートはコラムシフトの二人掛け。センターコンソールも幅広く、小物入れも大きい。

室内色は外板色に合わせて2色から選べる。撮影したエスカレード・プラチナムは黒または濃茶色を、エスカレードは黒またはベージュを選べる。外板色は黒か白色。ただし、白色は12万6000円のオプションカラーだ。

シートへの乗り込みは高めなので、ステップとアシストグリップは必要。 エスカレード・プラチウムはステップが自動で出し入れし、乗降を助けてくれる。2列目は左右1名ずつのキャプテンシート。床面はフラットで3列目へウオークスルーができる。

キャプテンシートはスイッチ操作で折りたためる電動式。3列目は床面が高く、着座も高いが、ヘッドスペースの圧迫感は少ない。3列目は背もたれが前に倒せて、フラットになるが、床面と段差がある。床面と同じ高さにしたければ、簡単に取り外すことができる。

キャデラック 新型エスカレードキャデラック 新型エスカレードキャデラック 新型エスカレードキャデラック 新型エスカレードキャデラック 新型エスカレード

キャデラック エスカレード 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

キャデラック エスカレード の関連記事

キャデラック エスカレードの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

キャデラック エスカレード の関連記事をもっと見る

キャデラック エスカレード の関連ニュース

キャデラック 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25

  • キャデラック

    新車価格

    1,260万円1,360万円

  • キャデラック
    CTS

    新車価格

    745万円1,490万円

  • キャデラック
    ATS

    新車価格

    479万円1,090万円