autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート キャデラック 新型 CTS[3代目・2014年モデル] 試乗レポート/今井優杏

試乗レポート 2014/4/15 16:02

キャデラック 新型 CTS[3代目・2014年モデル] 試乗レポート/今井優杏(1/3)

関連: キャデラック CTS Text: 今井 優杏 Photo: 和田清志
キャデラック 新型 CTS[3代目・2014年モデル] 試乗レポート/今井優杏

新世代キャデラックの象徴「CTS」がフルモデルチェンジ

新型 キャデラック CTS エレガンス[ボディカラー:ホワイトダイヤモンド]新型 キャデラック CTS エレガンス[ボディカラー:ホワイトダイヤモンド]

実に111年という歴史をもつ同ブランドの中で、グローバルを意識し2003年に作られた初代「キャデラック CTS」は、これまでのキャデラックが市場に与えていたイメージ……デカくて扱いにくくて愚鈍、をブレイクスルーした最初のモデルだ。

長年続いたあまりにティピカルなクルマづくりのせいで従来の顧客がどんどん高年齢化し、若年層の深刻な顧客離れに悩まされたキャデラックは、とうとう生き残りのために大幅な若返りを図ることを決断した。そして欧州の新規顧客をもターゲットに含む、幅広いユーザーのライフスタイルに添うミッドサイズ・セダンを作り上げたのだ。

つまり“程よくコンパクトでハンドリングがよくて若々しい”という、新しい世代のキャデラックを背負って立つ使命を生まれながらに持っているのがCTSなのである。

そのCTSが3代目となるフルモデルチェンジを果たした。

今風で格好良く、それでいてちゃんと「キャデラック」

「CADILLAC ALL NEW CTS」新型 キャデラック CTS エレガンス[ボディカラー:ホワイトダイヤモンド]新型 キャデラック CTS エレガンス[ボディカラー:ホワイトダイヤモンド]

おお! 目の前にすると独特のオーラを持つ佇まいに思わず声が出ちゃう。

あまりにも上手に先代デザインのイメージを踏襲しているため、単体で見るとどこから見てもCTSであることに間違いはないのだけど、並べれば一目瞭然に『今風に』進化しているんだもの、かっこいいことこの上ない。

縦型のヘッドランプなんてその典型で、こんな風にHIDやLEDライトで個性を出すのはここのところのグローバルの定番テクではあるんだけども、新しいのに不思議と“ちゃんとキャデラック”に仕上がっているのは、旧知のファンにも喜ばしいコトなんではないかと想像する。

グリルも代を追うごとにビカッと輝きを増しているが、いかにもアメリカ車らしい華美さには潔ささえ感じて清々しい。世界の動向なんて鑑みず、このままずっとこのギラギラ路線を貫いて欲しいと願うばかりだ。

さらにそのオーラをより一層強めるのは、先代よりも100mm延長されたボディに加え、ボンネットは−30mm、ルーフのトップで−19mm低くなった全高だ。この拡大により、コンパクトで取り回しがいいという部分のセールスポイントは弟分である「キャデラック ATS」に譲り渡し、CTSは満を持して「メルセデス・ベンツ Eクラス」や「BMW  5シリーズ」が出そろうプレミアムEセグメントに殴り込みをかけるのである。

[次ページへ続く]

新型 キャデラック CTS エレガンス[ボディカラー:ホワイトダイヤモンド]新型 キャデラック CTS エレガンス[ボディカラー:ホワイトダイヤモンド]新型 キャデラック CTS エレガンス[ボディカラー:ホワイトダイヤモンド]新型 キャデラック CTS エレガンス[ボディカラー:ホワイトダイヤモンド]新型 キャデラック CTS エレガンス[ボディカラー:ホワイトダイヤモンド]

キャデラック CTS 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

キャデラック CTS の関連記事

キャデラック CTSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

キャデラック CTS の関連記事をもっと見る

キャデラック CTS の関連ニュース

キャデラック 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20

  • キャデラック

    新車価格

    1,260万円1,360万円

  • キャデラック
    ATS

    新車価格

    479万円1,090万円

  • キャデラック
    XTS

    新車価格

    1,008万円