autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW X6M 海外試乗レポート/西川淳 編 4ページ目

試乗レポート 2009/7/29 15:00

BMW X6M 海外試乗レポート/西川淳 編(4/4)

関連: BMW X6 M Text: 西川 淳 Photo: ビー・エム・ダブリュー株式会社
BMW X6M 海外試乗レポート/西川淳 編

サーキットでは信じ難いほどのハンドリングマシンへと転じるX6M

BMW X6MBMW X6M

見慣れたインテリアではある。これまでのMモデルに初めて乗ったときのような、気分の昂揚は残念ながら無い。より高級な仕立てのX6、という風にボクの目には映った。きっと、これもMの新たな狙いだ。

トルコンATだけあって、発進からタウンスピードクルージングまで、スムースのひと言。とてもじゃないがこのクルマが550馬力の心臓を飲み込んでいるとは思えない。ライドフィールも電子ダンパーシステム(EDC)をノーマルにしておけば至って快適なもの。あまりにも洗練された乗り味に拍子抜けして、思わずEDCをスポーツにしてみたが、それでも心持ち硬くなってサスの動きがリズミカルになるだけで、硬くて不快というまでには全く至らなかった。

一般道でMのイメージを存分に覆されたのち、試乗車はサーキットへと鼻先を向けた。ロード・アトランタである(試乗会はアトランタで行われた。それはX5とX6がこの近郊で生産されているからだ)。ステアリングの○Mボタン(Mドライブスイッチ)を押し、臨戦態勢に入る。(それはそうと、この○Mボタンのデザイン、もう少し何とかならないものか。あまりにも質素でさりげなさすぎだし、格好も悪いような・・・)

このクラス初の、前後異サイズタイヤを履く。それゆえ、Xドライブ(4WD)も単なるトラクション稼ぎの道具でないことが分かる。FRのように積極的に走りを楽しめるように作動するのだ。

シフトアップは、全くトルコンのスリップを感じさせない。バッバッバッとサウンドも派手に加速してゆく。550馬力のターボカーであることをそれほど意識させないのも、Mゆえか。とはいえ、速度計を見ると恐ろしい領域に達している。速さを感じないのは、ちょっともったいないか。シフトダウン時のブリップは抑え気味だ。ブレーキがかなり奥で効く。かなりの重量物であることをあえて、ドライバーに伝えたいためだろうか。

サーキットでは、信じ難いほどのハンドリングマシンへと転じた。背が高いことのデメリットを感じない。むしろ見晴らしがいい分、アップダウンの激しいロード・アトランタでは重宝する。前輪の食いつきを意識しつつ、慌てないようにアペックスに向かう。アクセルオンも慌てず騒がず。ただ、コーナーを駆け抜けるのを待つのみ。そして、アクセル全開!

正に、SUVのGT−Rといったクルマであった。そして、垣間見えた洗練性とスポーツ性の両立。そこがMの新境地というわけである。

BMW X6MBMW X6MBMW X6MBMW X6MBMW X6M
筆者: 西川 淳

BMW X6 M 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW X6 M の関連記事

BMW X6 Mの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • BMW X6M 海外試乗レポート/西川淳 編

    試乗レポート

    BMW X6M 海外試乗レポート/西川淳 編

    おそるべきスーパーカースペックのX6M0→100km/h加速、なんと4.7秒。これは、同門のM6と良い勝負であり、ライバル・カイエンターボS....

  • BMW X6M 海外試乗レポート/河村康彦 編

    試乗レポート

    BMW X6M 海外試乗レポート/河村康彦 編

    ”M”の心臓を搭載したX6の登場初代X5の誕生時からたびたび噂はあったものの、結局のところ今になるまで世に姿を現す事のなかったのが「Mの手掛....

BMW X6 M の関連記事をもっと見る

BMW X6 M の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24