autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW X6M 海外試乗レポート/河村康彦 編

試乗レポート 2009/7/28 13:00

BMW X6M 海外試乗レポート/河村康彦 編(1/3)

関連: BMW X6 M Text: 河村 康彦 Photo: ビー・エム・ダブリュー株式会社
BMW X6M 海外試乗レポート/河村康彦 編

”M”の心臓を搭載したX6の登場

初代X5の誕生時からたびたび噂はあったものの、結局のところ今になるまで世に姿を現す事のなかったのが「Mの手掛けたSUV」。

高回転・高出力型エンジンとMT、もしくはそれをベースとした2ペダル式トランスミッションの組み合わせをメイン・キャラクターとしてきた『Mバッジ』のモデルにとって、二の足を踏んだのはマーケティング戦略上からも当然ではあったかも知れない。

同時に、X5が「アメリカ工場専用車種」という事も、リリースが遅れた理由には多分に関係があったと推測出来る。

開発拠点がドイツで、生産の現場がアメリカとなれば、幾多の障害が発生する事は想像に難くないからだ。

というわけで、2代目モデルをベースにようやく誕生したX5のMバージョンは、“SAC”(=Sports Activity Coupe)なる新たなカテゴライズを謳うX6の同バージョンと同時にデビュー。

「各国からのゲスト間で取り合いにならないように」という親心(?)から、敢えてテスト車をX6に限定したという国際試乗会の舞台は、そんなX5/X6の生産工場にもほど近いアメリカ南東部の都市、アトランタ近郊に設定された。

大開口を持つフロントマスクを採用し、ファットなシューズを装着。さらに、リアビューは“クワッドパイプ”で高出力エンジンの搭載をアピールする・・・と、ベース車両に対してよりダイナミックな印象を強めたX6Mのルックス。

そんなモデルの一番の売り物が、「そのエンジンにある」というのはこれまでの“M”の文法通り。

ただし、「M5/M6の10気筒も物理的には搭載可能だが、それではフロントヘビーの傾向が強まるし、“高回転・高出力型”というこちらのエンジンの特性は、X5/X6のキャラクターには似合わない」のがV8ツインターボという形式を採用した最大の理由であるという。

BMW X6 M 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW X6 M の関連記事

BMW X6 Mの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • BMW X6M 海外試乗レポート/西川淳 編

    試乗レポート

    BMW X6M 海外試乗レポート/西川淳 編

    おそるべきスーパーカースペックのX6M0→100km/h加速、なんと4.7秒。これは、同門のM6と良い勝負であり、ライバル・カイエンターボS....

  • BMW X6M 海外試乗レポート/河村康彦 編

    試乗レポート

    BMW X6M 海外試乗レポート/河村康彦 編

    ”M”の心臓を搭載したX6の登場初代X5の誕生時からたびたび噂はあったものの、結局のところ今になるまで世に姿を現す事のなかったのが「Mの手掛....

BMW X6 M の関連記事をもっと見る

BMW X6 M の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18