autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型X5 海外試乗レポート/大谷達也

試乗レポート 2013/9/12 18:55

BMW 新型X5 海外試乗レポート/大谷達也(1/2)

関連: BMW X5 Text: 大谷 達也
BMW 新型X5 海外試乗レポート/大谷達也

人気の波に乗り、4モデル中3モデルがディーゼル搭載車!

BMW 新型X5

BMWの大型SUV、X5。日本では、その販売台数の約7割がディーゼルエンジン搭載モデルであることをご存じだろうか? 現行型のX5 xDrive35dが積む3.0リッター 直列6気筒エンジンは、最新のクリーンディーゼルらしくスムーズかつパワフル。しかも燃費はガソリン・エンジンを大幅に上回るのだから、車重が2トンを越えるX5にはうってつけのパワーユニットといえる。国内販売台数の大半を占めるというのもうなずける話だ。

もっとも、ディーゼルが人気なのは日本だけではなく、これはヨーロッパでも同じこと。というわけで、3代目に生まれ変わった新型X5はディーゼルを主力に置いたモデルラインナップとされている。

BMW 新型X5

なにしろ、発売当初に用意されるガソリンエンジンは4.4リッター V8 ツインパワーターボエンジン搭載のxDrive50iのみ。残るは、xDrive30d(日本ではxDrive35dの名称で販売される見通し。エンジンの基本は3.0リッター 6気筒で現行型と同じ。以下、xDrive35dと表記)と、新開発のトリプルターボ(!)を採用したハイパフォーマンスディーゼルを積むM50dの2モデルで、ガソリンよりも幅広いニーズに応えようとする意図がうかがえる。さらに今後はxDrive40d、xDrive35i、xDrive25d、sDrive25dが追加されるが、ここでも4モデル中3モデルがディーゼル搭載車となっている。X5がいかにディーゼル中心のモデル構成となっているかが、これでおわかりいただけただろう。

BMW 新型X5BMW 新型X5BMW 新型X5BMW 新型X5BMW 新型X5

ラインナップはまだまだ拡大!?

BMW 新型X5

ちなみに、X5のモデル名を簡単に説明しておくと、xDriveは4輪駆動でsDriveは2輪駆動の意味。続く2桁の数字はエンジンの排気量を“おおまか”に示す。そして最後のアルファベットはdがディーゼル、iはガソリンを意味する。たとえば、前述のsDrive 25dは4輪駆動よりメカニカルロスの小さな2輪駆動で、エンジンは2.0リッター 4気筒のコンパクトなターボディーゼルを搭載。おかげで、ヨーロッパでのモード燃費は約18km/L(!)と飛び抜けていい。Efficient Dynamics=効率の高さとダイナミックな性能の両立を目指すBMWらしい設定といえる。

とまあ、いろいろ紹介したけれど、とりあえず日本に導入されるのはxDrive35dとxDrive50iの2モデルとなるらしい。もっとも、将来的には現行型のX5 Mに相当する超パワフルなモデルも追加されるだろうし、今年のフランクフルトショーでは「コンセプトX5 eDrive」という名のプラグイン・ハイブリッドも発表されるから、X5のラインナップはまだまだ拡大していくはずだ。

BMW X5 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW X5 の関連記事

BMW X5の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW X5 の関連記事をもっと見る

BMW X5 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22