autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW X3 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2009/6/5 16:40

BMW X3 試乗レポート(2/4)

関連: BMW X3 Text: 竹岡 圭 Photo: 小宮 岩男 / オートックワン編集部
BMW X3 試乗レポート

どこから見てもBMW

BMW X3 フロントビュー

さて今回は、先達て登場したアウディ Q5の続編ということなので、Q5とズバリ比較してみたい。

X3のボディサイズは、全長4,585mm×全幅1,855mm×全高1,675mm。対してQ5は、全長50mm×全幅45mm大きく、全高15mm低い。

ここでいちばん気になるのは、全幅の差だ。Q5は1,900mmに突入してしまっている。

日本の交通事情を考えると結構大変かも・・・というのが正直なところ。特に都会派コンパクトプレミアムSUVカテゴリーのクルマが、日常使いされるようなシチュエーションの道は、狭いところも多いのだ。

さらに駐車場がまた問題となる。両者ともに大型立体駐車場でないと入らないのは言うまでもないが、最近の駐車場は全幅1,900mmまで入るところも増えている。Q5でもギリギリ入ることは入るが、例えば自宅の車庫が1,900mm以下という規定だった場合は、慣れているとはいえども毎回ちょっとだけドキドキしてしまうものではないだろうか。

BMW X3 インパネ

たった5cm、されど5cm。制約のあるところに止めるとなると、この5cmが予想以上に効いてくるように思う。 またお出かけ先で駐車するなんていうときは、隣のクルマとの間隔が気になるところで、車庫入れが苦手な人が多いのにも関わらず、街中に出掛けることが多い女性にとっては、これまたこの5cmが効いてくることもあるのではないかと思うのだ。

ということを総合すると、日本の場合この全幅1,900mmというのが、駐車場にしても道路にしても、ひとつの基準になっているように思える。

X3は言ってみれば都会にピッタリサイズと言っていいだろう。

さて、デザインだが、どこから見てもBMWなのは言うまでもない。というか私たちの頭の中には、BMWと言えばキドニーグリル的なイメージが刷り込まれているので、これを見ただけでBMWのクルマだと神経回路がつながる仕組みになっている。

ブランドのアイデンティティがしっかりと際立っているというのは、やはりいいこと。ブランドがそれだけ責任を自覚しているという保証書のひとつだと思えるからだ。そしてもうひとつ、BMWと言えば駆けぬける歓びというキャッチフレーズもすぐに浮かんでくるのだが、これをSUVに置き換えるとどうなるのだろう・・・?と思ったとき、背が高いSUVだってオンロードをセダン並みに快走できますよ!というよくありがちなものではなく、どんな道だって歓びを感じながら楽しく走れますよ!

これこそが、新しいBMWの提案なのです!ということではないのかな?と思えたのだ。

BMW X3 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW X3 の関連記事

BMW X3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW X3 の関連記事をもっと見る

BMW X3 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/21~2017/7/21