autoc-one.jp 記事・レポート 特集 東京モーターショー2015 BMW、新型X1や3シリーズのPHEVなどを東京モーターショーでアジア初公開

東京モーターショー2015記事一覧。自動車の祭典、東京モーターショー2015の記事一覧です。東京モーターショー2015で注目された車種やカスタムカー、コンパニオン・キャンギャルなど東京モーターショー2015の華やかな雰囲気を楽しんでください!

モーターショー 2015/10/9 14:43

BMW、新型X1や3シリーズのPHEVなどを東京モーターショーでアジア初公開

BMW、新型X1や3シリーズのPHEVなどを東京モーターショーでアジア初公開

BMWは、第44回東京モーターショー(2015年10月30日~11月8日)において、「M4 GTS」を世界初公開するほか、革新的技術を盛り込んだラグジュアリーセダンの新型7シリーズをアジアで初めて展示する。

この記事の画像を見る(59枚)

また新型「X1」 、3シリーズのプラグインハイブリッド「330e」 、eDriveテクノロジーを採用した「2シリーズ アクティブ ツアラー 225xe」もアジア初公開される。

さらに、BMW iが未来志向のサービスとモビリティサービスを紹介する。

関連記事:BMW、モータースポーツのDNAを受け継ぐ「M4 GTS」を世界初公開

駆けぬける歓び、豪華さ、長距離快適性を定義し直す:新型7シリーズ

BMW 新型7シリーズ
BMW 新型7シリーズBMW 新型7シリーズ

新型7シリーズは、ボディにカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)を採用したほか、740eに採用したプラグインハイブリッドシステム、アクティブサスペンションシステムのエグゼクティブドライブプロ、ドライビングパフォーマンスコントロールスイッチのADAPTIVE(アダプティブ)モード、BMWレーザーライトなど、革新的な技術が導入された。

またインテリアでは、快適性を実現するアイテムとして、マッサージ機能付きエグゼクティブラウンジ、照明付きパノラマガラスルーフのスカイラウンジ、巧みに配置されたライトアクセント、さらに誘導充電(非接触充電)ステーション付きスマートフォンホルダーを装備した。

操作系およびドライビングアシスタントの分野でも、新技術を搭載。たとえばiDriveシステムの拡張機能であるタッチディスプレイとBMWジェスチャーコントロールが導入され、後席からタブレットを使ってコンフォート/インフォテインメント機能を制御できるタッチコマンドなどが採用された。

さらに、最新世代のBMWヘッドアップディスプレイ、クロストラフィックウォーニング(交差交通警告)、ステアリング&レーンコントロールアシスタント、アクティブサイドコリジョンプロテクション、3Dビューおよびパノラマビュー機能付きサラウンドビュー、リモートコントロールパーキングなどが用意される。

限りない駆けぬける歓びを提供するアーバン・オールラウンダー: 新型X1

BMW 新型X1
BMW 新型X1BMW 新型X1

2代目となるX1は、より増強されたスポーツアクティビティヴィークルならではの特質をコンパクトセグメントに採り入れた。

エクステリアは、大型のBMW Xモデルと同様のたくましいプロポーションとくっきりとしたラインが印象的。インテリアは、乗員のスペースも荷物のスペースも拡大されており、モダンで高級感のある雰囲気と成熟した機能性を兼ね備えている。

最新のガソリンエンジンおよびディーゼルエンジン、効率を最適化したインテリジェント四輪駆動システムBMW xDrive、新開発のサスペンションシステムによって、BMW X1はスポーティさと走行快適性を増強すると同時に効率性も大幅に改善した。

また、フルLEDヘッドライト、ダイナミックダンパーコントロール、BMWヘッドアップディスプレイ、ドライビングアシストプラスがX1として初搭載される。

関連記事:前輪駆動ベースで走りの良さはそのままに実用性アップ!BMW新型「X1」海外試乗レポート

BMWエフィシェントダイナミクスとBMW eDrive

BMW 330e(3シリーズのプラグインハイブリッド)
BMW 2シリーズ アクティブ ツアラー 225xeBMW 330e(3シリーズのプラグインハイブリッド)

新型3シリーズに、プラグインハイブリッドドライブトレインを搭載する「330e」が追加される。

将来的にはeDriveテクノロジーを採用した「2シリーズ アクティブ ツアラー225xe」でも、電気だけのローカルエミッションフリー走行が可能になる。

さらに新型7シリーズのプラグインハイブリッドモデルである「740e」、同じく「X5 xDrive40e」も含め、コンパクトモデルからラグジュアリークラスまで、BMW iモデルのために開発されたBMW eDriveテクノロジー搭載のモデルが、2016年にはBMWの4つのセグメントに投入されることになる。

BMW i:電気での駆けぬける歓びと日常走行に適した特性を知るパイオニア

BMW i3

電気自動車「i3」とプラグインハイブリッドスポーツカー「 i8」に続き、BMW iブランドはさらに多様なサービスを提供し、持続可能なモビリティの先駆者としての地位を強化する。

 またBMW iは、BMWブランドの最新モデルへの技術移転という方法でも影響力を発揮しており、たとえば東京モーターショー2015に出展されるすべてのBMWのプラグインハイブリッドモデルには、BMW i向けに開発されたBMW eDriveテクノロジーとして、モーター、パワーエレクトロニクス、高電圧バッテリー、インテリジェントエネルギーマネジメントが搭載されている。

またラグジュアリーセダンの新型7シリーズの重量を最適化するためにCFRPを使用するに際しても、BMW iの開発過程で蓄積された経験が生かされている。

BMW X1 関連ページ

BMW 7シリーズ 関連ページ

BMW 2シリーズアクティブツアラー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW X1 の関連記事

BMW X1の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW X1 の関連記事をもっと見る

BMW X1 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • BMW
    X3

    新車価格

    639万円710万円

  • BMW

    新車価格

    317万円618万円

  • BMW
    X1

    新車価格

    406万円614万円

[PR] スペシャルスポンサーリンク

主要出展メーカー・ブランド