autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート よりSUVらしく生まれ変わったBMW 新型 X1「xDrive20i xLine」を速攻試乗

試乗レポート 2015/12/15 10:42

よりSUVらしく生まれ変わったBMW 新型 X1「xDrive20i xLine」を速攻試乗(1/3)

関連: BMW X1 Text: 森口 将之 Photo: 茂呂幸正
よりSUVらしく生まれ変わったBMW 新型 X1「xDrive20i xLine」を速攻試乗

え、これって「X5」!?

BMW 新型 X1「xDrive20i xLine」試乗レポート/森口将之BMW 新型 X1「xDrive20i xLine」試乗レポート/森口将之

駐車場に並んでいた新型「X1」を見て、最初は「X5」だと思った。実際にはX5は駐車場の奥のほうにいて、大きさの違いを認識したのだが、スケール感を度外視すれば、とても似ていた。

旧型X1では、こうはいかなかった。縦置きエンジンで、直列6気筒を載せられるエンジンルームを確保していた旧型は、ノーズが長く、キャビンは後ろに寄せられ、背は低かった。1シリーズに似て、ちょっと変わったプロポーションだった。それがノーズが短く、キャビンが前寄りになり、一般的になったのだ。

新型X1のボディサイズは全長4455mm、全幅1820mm、全高1610mmで、旧型と比べると背が高くなったことが目立つ。おかげで一部のタワー/パレット式パーキングには入らなくなってしまったけれど、SUVらしく見せたいというメーカー側の考えは達成されていると思った。

乗り込んでみればすぐにエンジン横置き化のメリットを享受出来る

BMW 新型 X1「xDrive20i xLine」試乗レポート/森口将之BMW 新型 X1「xDrive20i xLine」試乗レポート/森口将之

運転席に乗り込む。この段階では、横置きか縦置きかは分からない。ステアリングやペダルがドライバーのまっすぐ前にあるドライビングポジションを含めて、BMWらしさが行き届いている。でもセンターコンソール付近に目をやると、収納スペースが広く深くなったことに気付く。これは横置き化のメリットだ。

さらに恩恵を感じたのは後席だ。身長170cmの僕なら足が組める。着座位置は高くて見晴らしが良く、頭上も余裕がある。センタートンネルも低くなったので、短時間なら3人掛けも苦ではなさそうだ。しかもこの後席、オプションでスライド機構も付く。いちばん前にセットしてもひざの前には少し余裕が残るから、荷物が多いときはこのモードにすると良いだろう。

キャビンの広さだけで見れば、格上の「X3」より広いんじゃないの?と思うほど。伝統のレイアウトを継承しなかったおかげで、高度なスペースユーティリティを手にできたという図式は、ライバルの1台でもあるアウディの「Q3」と「Q5」の関係に似ている。

[2シリーズ アクティブツアラー等に続く横置き系パッケージ、その熟成度は・・・

次ページへ続く]

BMW X1 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW X1 の関連記事

BMW X1の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW X1 の関連記事をもっと見る

BMW X1 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22

  • BMW
    X3

    新車価格

    639万円710万円

  • BMW

    新車価格

    317万円618万円

  • BMW
    X1

    新車価格

    406万円614万円