autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート BMW M サーキットデイ 2010 -Mモデルの魅力- 3ページ目

イベントレポート 2010/10/18 23:36

BMW M サーキットデイ 2010 -Mモデルの魅力-(3/3)

関連: BMW Text: 西川 淳
BMW M サーキットデイ 2010 -Mモデルの魅力-

夢見心地のMモデル乗り比べを終えて

BMW M CIRCUIT DAY 走行の様子
BMW X6 M西川淳氏

もっと驚かされたのが「X6M」だった。

このクルマ、車高も車重もM3やM6の比ではない。サーキットで楽しむためにはエンジン出力よりもクルマのバランスの方が大切だ。

たとえ高出力の直噴V8ツインターボエンジンを積んでいるとはいえ、物理の法則に照らし合わせて考えれば、とてもじゃないがサーキットで楽しめるようなクルマではなかろう・・・というのが試乗前の正直な気持ちだった。

しかし、驚天動地とはこのことだろう。その身のこなしは全くもってスポーツカーの「それ」で、背が高いことによる不快なロール感など微塵もない。

視点が高いぶん、かえってコーナーが攻めやすいくらいだ。なるほどブレーキングのタイミングはM3のようにはいかないけれども、少し手前に意識さえしておけばコントロール性も良く、効きも十分。

何より、迫力のターボパワーが2トン以上の巨躯をものともせずに、すさまじい弾丸加速をもたらしてくれる。これはもう事件である。

夢見心地のMモデル乗り比べを終えると、ビッグなニュースが我々を待ち受けていた。

M3生誕25周年を記念する「M3クーペコンペティション」が正式に発表されたのだ。

カーボンパーツが映えるファイアーオレンジに塗られた特別なM3。足回りや電子制御のセッティングも専用である。サーキット試乗で弾んだ心が、さらに高鳴った。

BMW M カイ・ゼグラー社長

「日本のユーザーは、外観だけでなく中身をとても重視する、本物のドライバーが多い。今後は軽量化や新しいテクノロジーの導入にも積極的に取り組んで、みなさんの期待に応えていきたいと思っています。若い人たちに楽しんでもらえるスポーツカーもデビューさせますよ」

スポーツカーに乗ることが人生の夢だったというカイ・ゼグラー社長。

彼の指揮下で送り出されるMモデルは全て、人生における「JOY」に満ち満ちていることだろう。

筆者: 西川 淳
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW の関連記事

BMWの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW の関連記事をもっと見る

BMW の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26