autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート BMW M サーキットデイ 2010 -Mモデルの魅力- 2ページ目

イベントレポート 2010/10/18 23:36

BMW M サーキットデイ 2010 -Mモデルの魅力-(2/3)

関連: BMW Text: 西川 淳
BMW M サーキットデイ 2010 -Mモデルの魅力-

MモデルをFSWで存分に走らせる、まさに「贅沢」なイベント

BMW M3 COUPE

現在われわれが日本市場において、新車で試すことのできるMモデルは3(or4)車種。

Mの定番と言っていいM3クーペ/リムジン、(ラグジュアリースポーツカーのトップランナーM6クーペ/カブリオレ)、史上初のクロスオーバーSUVタイプのMモデルとなったX5MとX6Mである。

Mトラックデイ当日、富士スピードウェイにはこれら現行ラインナップがひと通り出そろった。

幸運な招待客はそれらのパフォーマンスを、F1開催実績のあるグランプリコース(海外ではもの凄く価値のあることと見なされていて、ゼグラー社長自身も富士で走ることを何より楽しみにされていた!)で思う存分試せるという贅沢な趣向である。

モータースポーツに起源をもつMモデルならではのイベントだったと言っていい。

はやる気持ちを抑えつつ、まずは「M3クーペ」に乗り込んだ。

膨らんだフェンダーやカーボンルーフ、4本出しテールエンドパイプが見た目の特徴だが、やはりこのクルマの魅力は、フロントミッドに積まれた至極のV8 DOHCエンジンと7速DCT(ダブルクラッチシステム)、そして鍛え抜かれた専用シャシーにある。つまり、サーキットのような舞台こそが本領発揮の場だということ。

そして、いよいよステアリングのMボタンを押して、走り出す。

BMW M CIRCUIT DAY 走行の様子BMW M6

迫力のサウンドを響かせて、軽快かつダイレクトにパドルシフトでギアを上げながらコーナーへと向かった。

シフトアップの速さこそがDCTの魅力。コーナー手前でこんどはシームレスなダウンシフトを楽しみつつ、強力かつコントローラブルなブレーキを踏みこんで、ベントへと進入する。

コーナー途中でも「意のまま」感に溢れているのは、シャシー性能のみならず、前後の重量バランスに秀でているからだ。出口が見えたら躊躇いなくフルスロットル可能で、エンジンの力とサウンドをしばし堪能する。

M3の素晴らしさは、スポーツドライビングに必要な要素が全て詰まっていて、しかもそれが引き出しやすく、楽しさに充ちている点。それでいてデイリーユースでは3シリーズとして難なく扱えるから、正に1台二役、Mモデルの理想を実現している。

同種のスポーツカー的パフォーマンスを楽しみつつも、さらにエンジンの存在を強烈に感じ、トップスピードに至る過程にもう一段の迫力があったのが、「M6クーペ」だ。

とにかくそのエンジンフィールは研ぎすまされて精緻であり、回せば回す程に官能の世界が広がっていく。

BMW M特製エンジンの面目躍如であろう。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW の関連記事

BMWの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW の関連記事をもっと見る

BMW の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20

  • BMW
    X3

    新車価格

    639万円710万円

  • BMW

    新車価格

    317万円618万円

  • BMW
    X1

    新車価格

    406万円614万円