autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム BMWが“次の100年”を見据えたコンセプトカーを発表!「BMW VISION NEXT 100」

自動車評論家コラム 2016/3/8 11:43

BMWが“次の100年”を見据えたコンセプトカーを発表!「BMW VISION NEXT 100」

関連: BMW Text: 河口 まなぶ
BMWが“次の100年”を見据えたコンセプトカーを発表!「BMW VISION NEXT 100」

これからは、個々人に合わせたモビリティが求められる時代に

BMW VISION NEXT 100

ハンドルは円形ではなく、電動で折りたたまれるモノになり、フロントガラスには速度やナビゲーション等の情報が表示され、操作一つで自動運転モードが立ち上がる・・・。

ドイツのBMWは同社の100周年を記念するイベントで、次の100年を見据えたコンセプト・カーである「BMW VISION NEXT 100」というモデルを発表した。

1916年から数えること100年。

この間のBMWの様々な取り組みを振り返るとともに、「次の100年を予言することこそできないものの、確実にいえることは1人1人の異なる状況に合わせたモビリティが求められる」とクルーガー社長は語った。

アイデンティティのキドニーグリルはセンターの集合体へ

BMW VISION NEXT 100

そうした想いを具現化したのが、コンセプト・モデルのBMW VISION NEXT 100。

BMWのトレードマークである鼻先のキドニーグリルはエンジンへ空気を送り込むための穴ではなく、様々な情報を集めるセンサーが埋め込まれる場所となる。

そしてクルマそのものは、デジタルな運転手とデジタルなコンパニオンが存在するイメージ。つまり自動運転で走り、必要な情報をネットワークにつながった自動車が提供する、という感覚だ。

そう考えると未来の自動車は、速さや効率の良さといった数値で示せる性能は既に十分に手に入れているのがデフォルトであり、その上でいかに人や社会とつながって社会的な存在になれるかが求められている、とも思えたのだった。

BMW VISION NEXT 100

もちろん「駆けぬける歓び」を謳うBMWだけに、人間が運転するモードは残されている。ドライバーがいつでも走りの楽しさ気持ち良さを享受できる環境はしっかりと残されているようだ。

またミュンヘンのオリンピック・ホールを使った同社の100周年記念イベントでは、ドイツのメルケル首相からのメッセージが届けられたほか、同イベントの様子が全世界のBMWの社員へと配信されただけでなく、ミュンヘンのアリアンツ・アリーナには約4万人いるミュンヘンでのBMW社員のうちの3万5000人が、同イベントを同時に祝福するなどした。

今回の100周年記念イベントでは、BMWからのステートメントとBMW VISION NEXT 100というコンセプト・モデルの発表が中心であったが、来週3月16日にミュンヘンで開催される株主総会においては、今後のロードマップはもちろん、細かな戦略等についてが明らかにされる予定となっている。

BMW VISION NEXT 100BMW VISION NEXT 100BMW VISION NEXT 100BMW VISION NEXT 100BMW VISION NEXT 100

「BMW VISION NEXT 100」の現地速報動画は以下からどうぞ!

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW の関連記事

BMWの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW の関連記事をもっと見る

BMW の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20