autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 「ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス」イベントレポート/九島辰也 2ページ目

イベントレポート 2014/6/20 19:40

「ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス」イベントレポート/九島辰也(2/2)

関連: BMW Text: 九島 辰也 Photo: BMW
「ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス」イベントレポート/九島辰也

ツーリング・スーパーレッジェーラ社とMINIのコラボレーションモデルも登場

ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス

話を冒頭に戻すと、BMWはこの場を借りてじつにおもしろいトライアルをしている。

それは自分たちのクルマとイタリアのカロッツェリアでコラボして、デザインのスタディモデルを発表していることだ。

2012年はBMW「Z4」をベースにザガートが腕を振るった。そもそもクールなZ4がより印象的になったのは記憶に新しい。そして今年はミニをベースにカロッツェリア、ツーリング・スーパーレッジェーラが手がけた。

その名は“ミニ・スーパーレッジェーラ・ビジョン”。

先にモデルチェンジしたミニのコンセプト、ミニビジョンをベースに2シーターロードスターに仕上げたものだ。登場と同時に大きな拍手が起こったのは、写真をご覧いただければおわかりだろう。インパクトはかなり大きい。

ヴィラ・デステ・コンクール・デレガンスヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス

ちなみに、ショー自体のアワードは、ベスト・オブ・ショーにマセラティ「450S」が選出された。1956年から57年の間にモデナで9台だけ生産された2シーターのレーシングカーである。100周年という意味からも、妥当な展開だろう。

日本からもフィアット「アバルト2000スコーピオーネ」というウルトラレアなモデルが出品されたが、残念ながら賞は得られなかった。もちろん、大喝采を浴びてはいたが。

といったヴィラ・デステ・コンクール・デレガンス。かなり高貴なクルマのお祭りである。それをドイツ車メーカーのBMWがスポンサードしているのだから恐れ入る。

ショーの2日後、BMWクラシックが保管しているBMW「507」を200キロほど運転させてもらう機会を得た。

いやはや、お見事。このクルマの他にも彼らの歴史の中にも魅力的なモデルがたくさんあることを再認識させられた数日間であった。

筆者: 九島 辰也
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW の関連記事

BMWの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW の関連記事をもっと見る

BMW の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • BMW
    X3

    新車価格

    639万円710万円

  • BMW

    新車価格

    317万円618万円

  • BMW
    X1

    新車価格

    406万円614万円