autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー) 国内試乗レポート/今井優杏 2ページ目

試乗レポート 2014/3/17 14:10

BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー) 国内試乗レポート/今井優杏(2/4)

関連: BMW , BMW i3 Text: 今井 優杏 Photo: ビーエムダブリュー
BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー) 国内試乗レポート/今井優杏

他の誰にも似ていない独自性

BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー)

さて、『ほぼ100%自然エネルギー』という神々しいインフラに感激するあまり前置きが長くなったが、肝心なクルマの話をそろそろ始めよう(すみません)。ホテルの駐車場にずらっと並んだ「BMW i3」は思った以上の存在感であった。

もちろんモーターショーなどの屋内では日本ででも海外でも見ているけれど、屋内にオブジェのようにちんと畏まって正座するクルマと、『さあこれから駆けだすぞ』とばかりに屋外に出されたクルマは、やっぱりどこか風情が違う。それは当然のことだと思うけど、特にこのi3は、他の何にも似ていない独自性が際立つクルマだと感じた。

というか、正直なはなし、絶妙に『ブサカワイイ』のだ。

BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー)BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー)BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー)BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー)BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー)
BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー)

押し出し感の強いキドニーグリルを独自に解釈したi3の顔は、端正というよりも愛嬌に溢れている。それでありながらつるんと処理された仕上がりの高さ、ライトの鋭さやインテリアの質感の高さからプレミアムカーとしての高級感はしっかりと備えられ、『(価格が)高そうだけどイヤミのないセンス』なところに好感が持てる。まるでガソリンエンジンモデルをぎゅっと前後から圧縮したような、チョロQ的なんともソソるバランス、なんである。各色ともツートンカラーにブランドアイコンカラーであるブルーの差し色が効果的に効いているのも可愛らしい。

独自のカーボンファイバーボディを採用

BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー)

今回このi3のために専用設計された『Life Drive』というボディ構造は、カーボン・ファイバー樹脂(CFRP)製の乗員の乗る居住空間部分『パッセンジャー・セル』と、リチウムイオンバッテリー/ 電気モーター含むドライブドレーンを搭載するアルミニウム合金製の下部ユニットというウワモノとシタモノのふたつのモジュールをカパっと接合させて出来ているのだが、このCFRPは軽いという利点のほかにも形成がしやすいという利点を持つ。それにより、リアライトをボディに完全に一体化させたり、Aピラーより前、とくにグリル周辺のデザインにも自由度が出て、より未来感のある継ぎ目のない造形が可能になったというわけだ。デザイナーは『アルミニウムには出来ないデザイン』を追求したと言う。

EVでも50:50の重量配分の実現には妥協なし

BMW 新型電気自動車「i3」(アイスリー)

それに、いくら電気自動車といえどもクルマ作りには妥協のないBMWは、モーターをリアタイヤに挟んだ配置にし、床下にバッテリーを敷き詰めて50:50の前後重量配分を可能としている。

なので、メカニカルとして実はボンネットは殆ど必要ないのだ。だからこそクラッシャブルゾーンの確保のためのほんのすこしのオーバーハングを持つ、ちょっと鼻ペチャな個性的なルックスが実現したと言える。う~ん、カワイイ。

(先進技術+高級感)×端正すぎない『ハズし』テク=オシャレ、となる図式、見事だ。

[次ページへ続く]

BMW i3 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW の関連記事

BMWの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW の関連記事をもっと見る

BMW の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/21~2017/9/21