autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW i3 海外試乗レポート/日下部保雄 3ページ目

試乗レポート 2013/10/28 18:50

BMW i3 海外試乗レポート/日下部保雄(3/3)

関連: BMW Text: 日下部 保雄 Photo: BMW Japan
BMW i3 海外試乗レポート/日下部保雄

BMWらしい3つのドライブモードを設定

BMW i3BMW i3

i3の航続距離は前述したとおり約160㎞だが、これはエアコンなどをフルに使ったケースで、ナビに充電スタンドが常に表示される。アムステルダムは充電スポットが多数あるので、これを目安に移動するとまず大抵のところに行けそうだ。

高速道路へランプウェイからの進入も鋭い加速で容易に流れに乗れ、最高速度は150㎞/hで巡航できる能力を持つ。ただしこの速度域だと急速に電力を消耗する。

BMWらしくドライブモードがあり、通常は「Comfortモード」で走ることが多いと思うが、さらに「Eco-Proモード」と「Eco-Pro+モード」の3つのドライブモードを選べる。

Eco-Proは加速時の出力を抑えるモードとエアコンも規制して消費電力を抑制する。ただしフルに加速した場合は安全上からもComfortと同様になる。

いよいよ電欠しそうになったらEco-Pro+を選択すると更にアクセルを踏んだ時の出力特性を穏やかにし、最高速度も基本的に90km/hに抑えられる。またエアコン、ヒーターも止めるほか、LEDのヘッドランプも照射力を抑えて徹底的に電力の消耗を抑える。

日本では湿気が多いのでドライブモードはComfortの比率が高いと思われるが、欧州の乾いた気候ではEco-Proが選択されることが多そうだ。

エンジン振動がないので、ストレスがかからない

BMW i3BMW i3

i3はBMWのタグラインどおり、ドライブする楽しみを至る所に感じることが出来た。“さすがBMWだ”とハンドルを握りながら感心した次第である。

乗り心地は前後席共に快適だ。フロントシートはi3の為に新しいフレームで開発され、ホールド感、クッションストローク共に妥当だと思う。

観音開きのドアを開けて、後席に入るとシートの前後長さはそれ程ないが、長時間走行でも疲労感は少ない。レッグルーム、ヘッドクリアランスともに十分で、前席下につま先が入るので見た目以上にゆったりとしている。解放感も前席ほどではないが、意外と明るい。

ラゲージルームも広く、スーツケースなどの大きな荷物を収納するのも苦ではない。またリアシートバックは前倒するので、嵩張る荷物も積める余裕がある。

BMW i3

そして乗り心地の上下振動の吸収は節度感があるのも乗り心地が良い理由だが、もっとも大きいのはリーフでも味わったエンジン振動がないことによる、ストレスがかからないことだ。エンジン車に乗り慣れていると気づかないが、意外と振動による疲労感は知らず知らずに大きなものがある。

また、自分のi3の情報はスマートフォンでとることが出来る。これもリーフで経験積みだが、いろいろなクルマとのコミュニケーションができ、クルマ、電車の移動手段に関しても情報を取れるのが新しい。

日本には来年の春に導入されるi3。東京モーターショーで見ることができるので、実車をご覧いただきたい。それまでには日本での価格も発表になるはずだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW の関連記事

BMWの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW の関連記事をもっと見る

BMW の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • BMW
    X3

    新車価格

    639万円710万円

  • BMW

    新車価格

    317万円618万円

  • BMW
    X1

    新車価格

    406万円614万円