autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW アクティブハイブリッド5 試乗レポート/石川真禧照

試乗レポート 2012/3/10 00:00

BMW アクティブハイブリッド5 試乗レポート/石川真禧照(1/2)

関連: BMW Text: 石川 真禧照 Photo: BMW Japan
BMW アクティブハイブリッド5 試乗レポート/石川真禧照

BMWから続々と登場するハイブリッドカー!その意図は・・・

BMW アクティブハイブリッド5BMW アクティブハイブリッド5と石川氏

ハイブリッド(HV)乗用車というと、日本メーカーの独壇場と思っている人は多いかもしれない。

確かにトヨタが世界で初めて量産型のハイブリッド乗用車を発売したのは1997年。その後、ホンダが追従し、トヨタも次々とハイブリッドカーのニューモデルを出すなど、世界のハイブリッドカーをリードしてきた。この間、クルマ先進国のドイツ勢は音沙汰無し。日本の優位は動かないものと思っていた。

しかし、ドイツ勢は着々と準備を整えていた。

ハイブリッドカーはヨーロッパの交通事情にはあまり向いていない。でもCO2排出規制のなかで、アメリカや日本市場には不可欠だ。さらに、ハイブリッドカーを進化させたPHV(プラグインハイブリッド)は使える。その技術を進化させるためにも、ハイブリッドカーは開発しておく必要があったのだ。

BMWは、2009年に最上級セダンの「7シリーズ」にハイブリッドカーをラインナップした。さらに、翌年にはスポーツSUVの「X6」にも形式の異なるハイブリッドカーを搭載して発売した。

そして今回、ミドルクラスセダンの5シリーズをベースにハイブリッドカーへ仕立てた「BMW アクティブハイブリッド5」のお披露目が、ポルトガルのリスボンで行われた。

BMW アクティブハイブリッド5BMW アクティブハイブリッド5BMW アクティブハイブリッド5BMW アクティブハイブリッド5BMW アクティブハイブリッド5
BMW アクティブハイブリッド5

用意された5シリーズのハイブリッドカーは、これまでのBMWとは異なるメカを採用していた。

もちろん進化している部分も多かった。まずエンジンはBMWが得意とする直列6気筒。3リッター+ターボで306ps/400Nmを発生。

一方、モーターは55ps/210Nmで、こちらはリチウムイオンバッテリーから電気が供給される。 電気モーターのみで走ることの出来る「EV走行」は距離にして4km、最高時速は60kmまで出すことができる。

BMW アクティブハイブリッド5

ミッションは8速ATで、後輪駆動。

この8速ATは、スポーツ+/スポーツ/コンフォート/エコプロという4つのモードが設定されている。さらに試乗車はダイナミックダンパーコントロールも装備されていたので、コンフォート+モードも選択できた。

特徴的なのは「エコプロモード」。160km/h以下ならアクセルオフでもエンジンを停止させ、燃料をカットする。アイドリングストップも装備されている。メーカー発表の燃費は14.3~15.6km/Lだ。

加速性能は0~100km/hを5.9秒、最高速は250km/hを達成している。開発のスタートは遅かったが、一度始めるとそのスピードと進化が早いのが、ドイツ勢のおそろしいところだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW の関連記事

BMWの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW の関連記事をもっと見る

BMW の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20

  • BMW
    X3

    新車価格

    639万円710万円

  • BMW

    新車価格

    317万円618万円

  • BMW
    X1

    新車価格

    406万円614万円