autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型M3・M4 海外試乗レポート/清水和夫

試乗レポート 2014/5/27 15:44

BMW 新型M3・M4 海外試乗レポート/清水和夫(1/2)

BMW 新型M3・M4 海外試乗レポート/清水和夫

あの切れ味が再び!?清水和夫氏がポルトガルの試乗会で新型M3を試す!

家族や友達と一緒にドライブができて、サーキットではハイスピードドライビングを愉しめる-

そんな贅沢なニーズに応えてくれるクルマは少ない。「ポルシェ 911カレラ」はどうかといえば、ホイールベースが伸びたとはいえ大人が四人乗るのは少し辛い。

BMW 新型M3セダン

ありそうで見つからないものだが、そんな贅沢なニーズにしっかりと応えてくえるのが「BMW M3」ではないだろうか。

他のMシリーズもあるが、多くのMはエンジンパワーが強烈なのでサーキットよりも直線が得意な“マッスルカー”だ。しかし、M3はもともとが世界のツーリングカーレースで鍛えられていたので、カミソリのようなハンドリングをモットーとしていた。だが、そのM3も気がついたらV8エンジンを積むようになってしまったのである。M3のDNAはエンジンよりもシャシーが勝るという掟を忘れたのかと残念に思うことがあった。

だが、新型M3については、昔のカミソリMが帰ってきたと思われた。

エンジンはV8から直6へとダウンサイジングされたし、ターボ化されたとはいえ、レースでも使えそうなツインターボで武装している。気になるのはシルキー6とカミソリのようなハンドリングだ。

BMW 新型M3セダンBMW 新型M3セダンBMW 新型M3セダンBMW 新型M3セダンBMW 新型M3セダン

M3のライバルは存在するのか!?

まず本論に入る前に、M3のライバルとなり得るクルマを探してみよう。

LEXUS IS F

サーキットとファミリーユースが両立できる「羊の皮をかぶった狼」はM3以外では見当たらないと思っていたが、「LEXUS IS F」がM3に近いコンセプトで開発されている。

IS FはトルコンATしかないが、ヤマハ・チューンの5リッターV8は気持ち良く回る。本当はもっと回せるのだが「トルコンATの限界がある」と聞いたことがあった。

しかし、IS Fはサーキットでもそこそこ愉しめるクルマである。

LEXUS RC FLEXUS RC F

最終モデルは懸案だったトラクション性能も高まりサーキットのパフォーマンスは向上しているが、今年のデトロイトショーで次期モデルの「LEXUS RC F」が発表された。IS Fはセダンであったが、今度はスポーツクーペとしてRCがラインナップされ、そのリアルFがRC Fだ。だからM3というよりはM4クーペがRC Fのライバルとなるだろう。

RC FはM3/M4のようなダウンサイジングターボではなく、5リッターV8を踏襲する。ターボエンジンの開発に手が回らないというのが本音かもしれないが、自然吸気のV8エンジンも悪くない。だが、大きなエンジンをフロントに収めているので、ハンドリングはカミソリのようには切れないだろう。

しかし、発表されたスペックから想像するとトルク・ベクタリングを採用し高剛性ボディを実現、ハンドリングはかなり性能アップしていると思われる。ナンバー無しのレース車両も市販するので、サーキットを強く意識してRC Fは開発されている。

まだRC Fのステアリングを握ることはできないが、新型M3/M4のライバルとしては十分な資質を持っているのではないだろうか。

では、次ページで新型M3のパフォーマンスを早速レポートしよう。

BMW M3セダン 関連ページ

BMW M3 関連ページ

BMW 3シリーズ 関連ページ

BMW M4クーペ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW M3セダン の関連記事

BMW M3セダンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW M3セダン の関連記事をもっと見る

BMW M3セダン の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25