autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW M3クーペコンペティション 試乗レポート/岡本幸一郎

試乗レポート 2011/7/7 18:11

BMW M3クーペコンペティション 試乗レポート/岡本幸一郎(1/3)

関連: BMW M3 Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
BMW M3クーペコンペティション 試乗レポート/岡本幸一郎

「ファイヤー・オレンジ」が鮮やかなM3のスペシャルモデルが登場!

“走り”のイメージの強いBMWの中でも、とりわけM3はモータースポーツと密接な関係があり、これまで4世代にわたって代々活躍してきた。

BMW M3クーペコンペティション
BMW M3クーペコンペティションBMW M3クーペコンペティション

M3の誕生25周年を記念して発売された「M3クーペコンペティション」は、そんなM3のモータースポーツイメージをより強めたモデルである。

ボディカラーは、ご覧頂いている同モデル専用色「ファイヤー・オレンジ」のみという設定ゆえ、特別な限定モデルかと思うところだが、そうではなく「M3クーペコンペティション」はカタログモデルのラインアップに追加されている。

このボディカラーは、2009年に本国で発売されたレースのホモロゲモデル「M3GTS」に由来するのだが、欧州の上級スポーツカーには派手なカラーのものが多いので、おそらくM3も負けじとこうしたのではないかと思う。

BMW M3クーペコンペティションBMW M3クーペコンペティション

加えて目を引くのがカーボンパーツだ。

もともと標準で採用しているカーボンルーフに加えて、トランクスポイラーとドアミラーカバーもカーボン製としてスポーティさを高め、さらにコクピットにもカーボンパーツを多用している。

また、運転席および助手席には、サーキットにおけるスポーツ走行時の高Gにも耐えるサポート性を得られるという、電動調節式サイド・サポートおよびランバー・サポートの付くシートを備える。

足まわりは、標準のM3よりも1インチ増しとなる、スパルタンなマットブラック塗装の専用Mライトアロイホイールが与えられる。

これは通常オプション設定される19インチホイールよりもワイドで、タイヤも通常よりもワイドな、フロント245/35R19、リア265/35R19サイズとなる。

さらに、ダンパーの減衰力のレベルを、コンフォート、ノーマル、スポーツの3段階から任意に選べる「EDC(エレクトロニック・ダンパー・コントロール)」について、同モデルではスポーツモードが専用にチューニングされている。

加えて、上記タイヤのサイズアップとEDCの専用スポーツモードを考慮して、DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール※横滑り防止装置)にも専用のセッティングを施し、介入タイミングの最適化を図っている。

また、通常はオプションで用意されている、ステアリングホイールのボタンを押すだけで、好みに合わせて記憶させたドライビングモードの各種設定を瞬時に呼び出すことができる「MDrive」が標準装備されるのも特徴だ。

BMW M3クーペコンペティションBMW M3クーペコンペティションBMW M3クーペコンペティションBMW M3クーペコンペティションBMW M3クーペコンペティション

BMW M3 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW M3 の関連記事

BMW M3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW M3 の関連記事をもっと見る

BMW M3 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18