autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 俺達の“M”が帰ってきた!BMW「M2クーペ」をラグナ・セカで試す!

試乗レポート 2016/3/28 21:43

俺達の“M”が帰ってきた!BMW「M2クーペ」をラグナ・セカで試す!(1/3)

関連: BMW M2クーペ Text: 西川 淳 Photo: ビー・エム・ダブリュー株式会社
俺達の“M”が帰ってきた!BMW「M2クーペ」をラグナ・セカで試す!

待ち望んだ“俺達のM”が帰ってきた!

BMW M2クーペ

コークスクリューで有名な「ラグナ・セカ」サーキットの広大なパドックに、M仕立ての巨大な試乗会ブースが特設されていた。

中に入ってみれば、お目当ての新型M2と並んで、旧型にあたる1シリーズMクーペ(日本未導入)と、E30のM3、そしてなんと2002ターボまでもが飾られていた。BMWとしては、M2の試乗会に臨んで、コンパクトなターボ・スポーツクーペの系譜というヘリテージ性を持つクルマだということ、つまりはそのスジの良さをアピールしたかったのだろう。

なるほど、言いたいことは分かる。けれども、試乗を終えた筆者が出した結論は、もっとシンプルであった。

M2こそ“待ち望んだM”。リアリティある“官能FRスポーツのM”。そして、最新のMモデルたちがラグジュアリーとのトレードオフによって少なからず失ってしまった“ピュアなファンを取り戻したM”。

ようするに、新型M2は帰ってきた“オレ達のM”というわけだ。

その筋肉質な四肢は、まるでスピードスケート選手のよう

BMW M2クーペBMW M2クーペ

力強いフロントフェイスには、1シリーズMクーペと共通のヘリテージ性が潜んでいる。それは、たとえば70年代の名スポーツクーペ、3.0CSLの流儀をモダンに解釈した、大胆なエアロマスクだ。

迫力のフロントに負けず目立っているのが、四肢の太さだろう。ボディサイズに対して、明らかにタイヤが大きく、張っている。その骨太で筋肉質な下半身は、まるでスピードスケート選手を見ているようだ。

それもそのはず、アシ回りにはM4用の前後アクスルが移植されたため必然的にワイドトレッドとなり、前後それぞれ70ミリ・65ミリも拡幅されているのだ。

リアセクションでは、ガーニータイプのリアスポイラーやアンダーディフューザー、ツインテールパイプが高性能をアピールする。

インテリア全体の雰囲気そのものは、ノーマルと変わらない。Mらしく、ブルーステッチの入ったMロゴ入りのダコタ・レザーシートや、カーボンファイバーのトリム、アルカンタラ・ドアパネルなどによって、スポーツ・ラグジュアリーな雰囲気をもたらしている。

ドライバーを昂揚させる雰囲気造りという点で、Mの手法とその上手さは相変わらずと言って良い。

BMW M2クーペ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW M2クーペ の関連記事

BMW M2クーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW M2クーペ の関連記事をもっと見る

BMW M2クーペ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25