autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】BMW i8海外試乗レポート/川端由美

試乗レポート 2014/5/28 18:14

【試乗】BMW i8海外試乗レポート/川端由美(1/2)

関連: BMW i8 , BMW Text: 川端 由美
【試乗】BMW i8海外試乗レポート/川端由美

環境志向の高い街 サンタモニカで、「i」シリーズ第2弾モデルを試乗

BMW i8BMW i8

2009年のフランクフルトショーでその衝撃的な姿を初めて目にしてから、早5年。BMWが鳴り物入りでスタートした持続可能な自動車のあり方を探るプロジェクト「i」から生まれた環境志向のスーパー・スポーツカー、『i8』がようやく市販にこぎつけた。電気モーターで走る自動車だけのサブ・ブランドとして生まれた「i」シリーズの中では、この春、EVとPHVの2本立てで日本に上陸した「i3」に続く第2弾となる。

試乗ステージに選ばれたのは、カリフォルニア州サンタモニカ。EVやPHVといったエコカーを優遇するカリフォルニアのなかでも、環境志向の高い街として知られている。周辺にはレオナルド・ディカプリオのようなエコ意識の高いハリウッド・セレブが住むマリブもあって、ラグジュアリーで環境コンシャスの高いi8の試乗にはぴったりの舞台だ。

トウゴマから作られたバイオ・プラスティック製のキーを渡されて、i8の隊列に近づいていく。2009年のフランクフルトショーで初めて見たときも衝撃的だったが、映画『ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロトコル』でトム・クルーズがオープン版に乗っていたのを見て、かなり惚れ込んでいた…というのは恥ずかしいのでナイショにしてください、ハイ。

コンセプトモデルからほぼそのまま市販モデルの形へ

BMW i8

実際、2009年に登場したコンセプトの「ビジョン・エフィシェントダイナミクス」からは、透明なドアパネルが一般的なドアの形状になったこと以外、ほぼそのまま市販モデルの形になるとは想像していなかった。不透明になったとはいえ、跳ね上げ式のシザードアや浮き上がったように見えるルーフなど斬新この上ない。5年経った今でも充分に人目をひくのだから、当時どれほど斬新だったかは想像にかたくない。

BMW i8BMW i8

ボンネットに刻まれたV字のラインからルーフを通ってリアエンドへ連なる“ブラック・ベルト”はi3とも共通で、ルーフやランプ類が浮き上がったような錯覚を覚える。ふわっと浮き上がるような軽やかなスタイリングは、明らかに従来のBMWの金属を感じさせる硬質なデザインの文脈になかったものだ。

先進性の表現に余念がないのも、iシリーズの特徴だ。U字型フロントランプは標準でもすべてLEDだが、ハイビームにオプションでレーザーライトを選択すると、レーザーダイオードよる白色光が従来の1.7倍の明るさで600m先まで照らすのだ。ただ単に明るくて未来的なだけではなく、従来のLEDと比べて、リフレクターを1/3の大きさにすることができて、軽量化にもつながっているのがiシリーズの一員らしいところだ。

同じように、カッコよく見える大径ホイールも、よく見れば極端に幅の狭い低転がり抵抗タイヤを履いている。そんな風に先進的な技術を投入し、効率を追求しつつ、スポーティネスやプレミアムを追求するのがBMW iの流儀なのだ。

BMW i8BMW i8BMW i8BMW i8BMW i8
BMW i8BMW i8BMW i8BMW i8BMW i8

BMW i8 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW i8 の関連記事

BMW i8の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW i8 の関連記事をもっと見る

BMW i8 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • BMW
    X3

    新車価格

    639万円710万円

  • BMW

    新車価格

    317万円618万円

  • BMW
    X1

    新車価格

    406万円614万円