autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー 試乗レポート/渡辺陽一郎 2ページ目

試乗レポート 2014/5/8 13:02

BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー 試乗レポート/渡辺陽一郎(2/4)

関連: BMW i3 Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・ビーエムダブリュー・オートックワン編集部
BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー 試乗レポート/渡辺陽一郎

吹き上がりが鋭く、けっこうパワフル

BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー 試乗レポート/渡辺陽一郎 9

BMW i3の試乗を開始すると、EVらしく、ほとんど無音で速度を直線的に高めていく。「日産 リーフ」などに比べると、高回転域でも加速力が伸び悩み傾向にならない。「昭和の表現」を用いれば、吹き上がりが鋭く、けっこうパワフルに感じる。

車両重量はノーマルタイプのi3が1260kg。モーターサイクル用に開発された2気筒647ccの発電用エンジンを積むi3 レンジエクステンダーでも1390kgに収まる。そこに最高出力が125kW(170馬力)、最大トルクが250N・m(25.5kg-m)のモーターを組み合わせたから、普通のガソリンエンジン車でいえば、2.5~3リッター並みの加速と受け取られた。このあたりもBMWらしいところだ。

強力なエンブレ・・・ではなく、「回生による制動」が発生

BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー 試乗レポート/渡辺陽一郎 10

減速すべくアクセルペダルを戻すと、かなり強力なエンジンブレーキ、ではなくて回生による制動が生じる。減速エネルギーを使って発電を行い、駆動用のリチウムイオン電池に充電するためだ。「三菱 アウトランダーPHEV」のパドルシフトを操作して、回生ブレーキ力を「B5」まで強めた時も似たような感覚だが、i3ではDレンジでもこれが生じる。

最初は戸惑うが、これもBMWらしさだ。アクセルペダルはほかのBMW車と同じくオルガン式で、ペダルの下端がフロアに接している。踵(かかと)を支点にして戻す操作をていねいに行えば、速度の調節は、エンジン駆動のクルマよりもむしろ容易だと感じた。

ちなみにクルマを上手に走らせるには、ハンドルもペダルも「戻す操作」が重要になる。この基本を押さえれば、i3はとても運転しやすい。これもBMWの定石に沿っている。だからi3を日常的に運転していれば、アクセル操作が自然とていねいになりそうだ。「運転を上達させるクルマ」といえるかも知れない。

新感覚! ブレーキを踏まずとも車速をコントロール

BMW i3(アイ・スリー) レンジエクステンダー 試乗レポート/渡辺陽一郎 8

凄い!と思ったのは、高速走行からの減速を除くと、ほとんどブレーキペダルを踏む機会がないこと。街中では車両が停止するまで、アクセルペダルを戻す操作だけで足りてしまう。いい換えれば、減速エネルギーを、ペダルを踏むブレーキの作動に基づく熱エネルギーへの変換で、ムダ遣いしていない。回生効率も高いだろう。

心配なのは、減速時にブレーキランプが点灯しているかだが、BMWでは「一定以上の減速時には点灯する」と言う。それなら安心。余計な話だが、i3ではブレーキパッドはほとんど磨耗しないだろう。減る前に交換時期を迎えそうだ。

[次ページへ続く]

BMW i3 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW i3 の関連記事

BMW i3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW i3 の関連記事をもっと見る

BMW i3 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/25~2017/9/25