autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 BMW i3 装着 超低燃費タイヤ ブリヂストン「ologic」レポート/岡本幸一郎 2ページ目

新型車リリース速報 2014/5/19 18:18

BMW i3 装着 超低燃費タイヤ ブリヂストン「ologic」レポート/岡本幸一郎(2/2)

関連: BMW i3 Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
BMW i3 装着 超低燃費タイヤ ブリヂストン「ologic」レポート/岡本幸一郎

シミュレーションと計測の融合が飛躍的な性能向上を実現

タイヤ踏面挙動の計測・予測・可視化技術「ULTIMAT EYE(アルティメット アイ)」タイヤ踏面挙動の計測・予測・可視化技術「ULTIMAT EYE(アルティメット アイ)」

さらに同日、ブリヂストンが開発したタイヤ踏面挙動の計測・予測・可視化技術「ULTIMAT EYE(アルティメット アイ)」に関する説明と施設見学が行なわれた。

アルティメット アイというのは、最先端のシミュレーション技術に加え、走行時のタイヤ接地面の挙動を計測・可視化する技術を組み合わせることで、最適なタイヤ設計を実現した、ブリヂストン独自の画期的なタイヤ開発技術である。

建屋の中に設置された施設の中心には、直径2mのドラムと大掛かりなスタンドに取り付けられたタイヤがあった。

タイヤは直進や旋回など実車の走行状態を再現できる高機能スタンドに取り付けられており、ドラムには周方向に30度おきに9つのセンサーが配置されている。

実際に起動してしている様子タイヤ踏面挙動の計測・予測・可視化技術「ULTIMAT EYE(アルティメット アイ)」のデータ処理装置

このドラムにタイヤをいろいろな角度で接触させて高速で回転させることで、タイヤの接地圧、制動力、駆動力、横力などの動的データが得られる。それを超高速の処理装置により合成することで、高速走行時の踏面挙動を再現することができるわけだ。

これにより従来よりもはるかに複雑な、分子レベルで起こっていることが解析できるようになり、おかげでウェット性能や転がり抵抗などに飛躍的な向上が見られたとのこと。もちろん前記のオロジックの開発にも用いられており、接地圧を適正化することで、より高いグリップ力を得ることができたという。

このアルティメット アイ、もともとF1のタイヤ開発に関わっていた当時に生まれたシステムゆえ、最高速度は400km/hまで対応可能。現在も各種モータースポーツ用タイヤの開発にも使用しているが、このところ低燃費タイヤの比率が高くなっているそうだ。

BMW i3

当日は実際にアルティメット アイのデモンストレーションも披露された。

ここまでできるものは今のところ世界的に例がないと開発関係者が胸を張るとおりで、設備投資や維持費はそれなりに大きいものの、開発速度が格段に速く、正確になったメリットのほうがはるかに大きいそうだ。

こうして最先端を行く設備を目の当たりにして、ブリヂストンの技術力の高さをあらためて実感するとともに、それを駆使して誕生した新しいコンセプトの低燃費タイヤが切り拓く未来に、大いに期待したいと感じた次第である。

タイヤ踏面挙動の計測・予測・可視化技術「ULTIMAT EYE(アルティメット アイ)」が出来るまでの流れタイヤ踏面挙動の計測・予測・可視化技術「ULTIMAT EYE(アルティメット アイ)」が出来るまでの流れタイヤ踏面挙動の計測・予測・可視化技術「ULTIMAT EYE(アルティメット アイ)」が出来るまでの流れタイヤ踏面挙動の計測・予測・可視化技術「ULTIMAT EYE(アルティメット アイ)」が出来るまでの流れタイヤ踏面挙動の計測・予測・可視化技術「ULTIMAT EYE(アルティメット アイ)」が出来るまでの流れ

BMW i3 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW i3 の関連記事

BMW i3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW i3 の関連記事をもっと見る

BMW i3 の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/24~2017/9/24