autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 6シリーズグランクーペ 試乗レポート/小沢コージ 2ページ目

試乗レポート 2012/6/15 21:23

BMW 6シリーズグランクーペ 試乗レポート/小沢コージ(2/3)

関連: BMW 6シリーズグランクーペ Text: 小沢 コージ Photo: 柳田由人
BMW 6シリーズグランクーペ 試乗レポート/小沢コージ

もう、とにかく「圧倒的に低い」!

BMW 6シリーズグランクーペ(640i Gran Coupé)

いきなりだが、「BMW 6シリーズグランクーペ」における最大のポイントを言おう。

それは全高、つまり“低さ”である。全長×全幅×全高は5,010×1,895×1,390mmと、ライバルに比べて全長も長いのだが、なによりも「低い」のだ。

今まで低かったと思える「メルセデス・ベンツ CLS350」ですら全高は1,415mmだったのだから、そこからさらに3センチ近く削られている。これは、この高級車の世界では至難の業だ。

なにしろ、基本的には格好良いだけでは済まされない。“格好良くしつつも快適”が最重要項目なのだ。つまり低さこそが最大のカギになる。そこでBMWは、全ブランドで最も“ソコ”を攻めてきた。

BMW 6シリーズグランクーペ(640i Gran Coupé)BMW 6シリーズグランクーペ(640i Gran Coupé)

で、これがまた不思議なのだが、実際に中に座ってみると決して狭く感じない。それどころか、開放的なくらいだ。

初代CLSは、フロントに座ると頭が屋根に付きそうでリアもまたガラスに頭が付きそうだったが、グランクーペのリアシートは頭はやはり狭めだがヒザにはコブシが1ヶ分ぐらい余る。なかなかやるな、おぬし・・・。

そして、果たしてその秘密は“空間作り”に他ならない。

とにかく着座位置が低く、フロントシートにしてもかなり寝そべっており、インパネ類も同様で実に開放的だ。造形はほぼ6シリーズクーペと同じなのだが、それでも全長を大幅に伸ばすことによってリアにも同様の空間を提供している。要するに“贅沢”なのだ。

さらにマテリアルが素晴らしい。

BMW 6シリーズグランクーペ(640i Gran Coupé)

なにしろ標準で上質で汚れの付きにくいダコタ・レザーを備え、ウッドパネルもグレーのポプラウッド。当然の様にiDriveを備え、さらに目立つのは10.2インチの超ワイドな高精度ディスプレイだ。

これにオプションのバング&オフルセンのサラウンドシステムを加えてDVDを見たらもう、ビールが欲しくなってしまう(笑)。

一方、賛否両論なのがリアのセンターシートだ。一応、日本の法規上では3人乗りとなっており、左右横幅やシートサイズ的には十分なのだが、足元に物凄い空調調節の“鞍”のようなものが出っ張っている。

なので、リアは2人座りぐらいに考えた方が良いだろう。

BMW 6シリーズグランクーペ(640i Gran Coupé)BMW 6シリーズグランクーペ(640i Gran Coupé)BMW 6シリーズグランクーペ(640i Gran Coupé)BMW 6シリーズグランクーペ(640i Gran Coupé)BMW 6シリーズグランクーペ(640i Gran Coupé)

BMW 6シリーズグランクーペ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 6シリーズグランクーペ の関連記事

BMW 6シリーズグランクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 6シリーズグランクーペ の関連記事をもっと見る

BMW 6シリーズグランクーペ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28