autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 新型6シリーズカブリオレ 試乗レポート

試乗レポート 2011/2/16 13:15

BMW 新型6シリーズカブリオレ 試乗レポート(1/3)

関連: BMW 6シリーズカブリオレ Text: 西川 淳 Photo: BMW Japan
BMW 新型6シリーズカブリオレ 試乗レポート

実はキープコンセプトな新型6シリーズ

BMW 6シリーズカブリオレ

昨年の秋、パリ国際ショーにてクーペのコンセプトカーを披露し、年初の北米デトロイトショーで正式デビューを飾った三世代目の6シリーズ。

大票田である北米市場の“好み”を十分に汲み取って、まずはコンバーチブル(日本ではカブリオレ)からのローンチと相成った。

デザイン的には随分と“変わった”印象をもたれる方も多いと思われるが、変わったのはディテールのデザインだけで、コンセプトはもちろんのこと、シルエットだって実はそれほど変わっていない。

第一印象とは裏腹にキープコンセプトと言ってよく、デザインの好みを抜きにすれば、新型6シリーズの焦点は自ずと現行5&7シリーズ譲りの中身=メカニズムということになる。

エンジンは2種類が用意された。直6ターボとV8ツインターボのいずれも直噴エンジンで、他の最新世代モデルと同様に8ATを組み合わせる。

既存モデルで言えば、740iと750iに等しく、よって車名的にも640iと650iの2グレードというラインナップに。生産工場もディンゴルフィンで5や7と混じって組み立てられる。

BMW 6シリーズカブリオレ
BMW 6シリーズカブリオレBMW 6シリーズカブリオレ

南アフリカ ケープタウンのリゾートホテルに用意された試乗車は、すべてシャンパンゴールドの650iだった。

前作よりも薄く、場合によっては小さく見える(全長、全幅は延びているのにも関わらず!)のは、全高が低くなり、よりワイドになって、さらに前後の灯火系を大きなデザインにしたためだろうか。

南半球ゆえ、強烈な夏の日差しを受けて、シャンパンゴールドの肌がなまめかしく光っている。フォルムに相当自信がなければ、この色合いは絶対使えない。

ディテールの処理も素晴らしい。特にオープン時のキャビンまわりや、ライト、グリルのフィニッシュが念入りだ。640とはグリルのフィン色が異なる。

一見、随分と大人しいエクステリアデザインになった気もするが、よくよく見ればけっこう複雑なキャラクターラインを与えていて、なかには“どきっ”とするラインもあった。

たとえば前フェンダーのバルジからドアに向かって勢いよく落ち、今度はそのまま水平を保って後ホイールアーチに向かうキャラクターラインなど、である。

BMW 6シリーズカブリオレ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 6シリーズカブリオレ の関連記事

BMW 6シリーズカブリオレの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 6シリーズカブリオレ の関連記事をもっと見る

BMW 6シリーズカブリオレ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27