autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 5シリーズグランツーリズモ 試乗レポート/西川淳 2ページ目

試乗レポート 2010/2/16 16:26

BMW 5シリーズグランツーリズモ 試乗レポート/西川淳(2/3)

関連: BMW 5シリーズグランツーリスモ Text: 西川 淳 Photo: BMW Japan/オートックワン編集部
BMW 5シリーズグランツーリズモ 試乗レポート/西川淳

今までにないBMWスタイルとリアシートの居住性の高さ

BMW 5シリーズグランツーリスモ

最大の特徴は、5ドアハッチバックスタイルであること。

ヨーロッパではおなじみの形式だが、セダンよりやや背を高く(7シリーズ比+7.5cm、5シリーズ比+9.5cm)、と言ってもカタチがよく似たSUVクーペのX6ほどではない、としたところがポイントだ。それゆえ、今までに見たことのないBMWスタイルとなった。

見所は、ハッチバックゲートそのもの。ルーフ後端を基点にガバッと開くのはフツウのハッチゲートだが、実はここに面白いからくりがある。

ちょっとした荷物でもいちいちでかいゲートを開け閉めしなくちゃいけないのは面倒くさいし、そもそもデカいクルマだから開閉そのものがどうしても億劫になる。

BMW 5シリーズグランツーリスモBMW 5シリーズグランツーリスモ

けれどいざというときの利便性/機能性は捨て難いし・・・、というわがままな声に応えて、このクルマにはリアウィンドウ下に“もう一つ”の独立式スモールゲートが備わっている。

触れる機会があれば、ぜひ一度、ご自身の手で開閉してみて欲しい。いかにも日本のメーカーが考えそうな仕組みをBMWがやった、というところもミソ。

線描のエッセンスや各所のディテールは、7シリーズ直系を思わせる。低くかまえたフロントマスクやエッジの利いたショルダーライン、その線上におかれたドアアウターノブあたりに、それが顕著に現れている。

ハッチバッククーペ形状を生かして、サイドウィンドウが後輪ホイールアーチ上まで伸びており、いかにも室内の開放感が期待できそう。

535iには18インチ、550iには19インチのアロイホイールが標準で装備されている。

インテリア

BMW 5シリーズグランツーリスモ

上質なレザーシートに腰を下ろしてダッシュボードを眺めると、ほとんど7シリーズと同じデザインであることがわかる。

車高が高くなっているので、ちょうど7シリーズのダッシュボードにゲタを履かせたような感じだ。天地の中央部に張りを待たせてドライバー側にやや傾けたウィングスタイルは、最近のBMWインテリアのトレンドである。

中央に構えているのは、10.2インチの高解像度モニター(HDDナビやリアバックモニターが標準)だ。独特なグリップスイッチ式ATレバーの脇には、ご存知iDriveが備え付けられている。

iDriveは回りにスイッチ類が増えて見かけは煩雑になったものの、使い勝手は向上した。もっとも、ここまでスイッチが増えるのなら、別にダイヤル式にこだわらなくて良かったのでは?と思えてくるが、直感的に使えるというメリットも理解できる。

インテリアで他に注目したいのが、リアシートの居住性。シートそのものもフルサイズで前後スライド(10cm)やリクライニング(標準33度、コンフォートシート40度)が可能となっている。

7シリーズと同じホイールベースがもたらす前後空間の余裕と、車高アップによる頭上空間の広大さは、VIP用スペースとしてもふさわしいものだった。

BMW 5シリーズグランツーリスモBMW 5シリーズグランツーリスモBMW 5シリーズグランツーリスモBMW 5シリーズグランツーリスモBMW 5シリーズグランツーリスモ

BMW 5シリーズグランツーリスモ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 5シリーズグランツーリスモ の関連記事

BMW 5シリーズグランツーリスモの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 5シリーズグランツーリスモ の関連記事をもっと見る

BMW 5シリーズグランツーリスモ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • BMW
    X3

    新車価格

    639万円710万円

  • BMW

    新車価格

    317万円618万円

  • BMW
    X1

    新車価格

    406万円614万円