autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 5シリーズ グランツーリスモ 試乗レポート/岡本幸一郎

試乗レポート 2010/2/12 13:50

BMW 5シリーズ グランツーリスモ 試乗レポート/岡本幸一郎(1/3)

関連: BMW 5シリーズグランツーリスモ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
BMW 5シリーズ グランツーリスモ 試乗レポート/岡本幸一郎

BMW 5GTの初めの印象は「デカイ!」

BMW 5シリーズグランツーリスモ
BMW 5シリーズグランツーリスモBMW 5シリーズグランツーリスモ

まもなく5シリーズのセダン/ツーリングもモデルチェンジを控えており、その5ドアハッチバック版をイメージしていたのだが、最初にこのクルマを見て感じたのは「デカイ!」だった。

実際、全長は5mもあるし、1,900mmの全幅と3,070mmというホイールベースは7シリーズの標準ボディ車と同じ。加えて1,565mmという全高に145mmの地上高という、SUV(BMWではSAVという)っぽい高さもある。

近年、欧州のメーカーが相次いで4~5ドアのクーペをラインアップしているところだが、BMWはやることが一味違う。価格は535iが878万円、550iが1,114万円とかなり高め。これも7シリーズに近い印象だ。

乗り込むときには、やはりわずかながら地上高の高さを感じるが、X5やX6に比べるとはるかに乗用車的でとっつきやすい。立体的かつモダンに仕立てられたインテリアのハイクオリティ感は7シリーズに近い感じだ。

BMW 5シリーズグランツーリスモ

iDriveのコントローラーは、ATセレクターの後方ではなく、7シリーズと同じく助手席側に設定されている。タコメーターの下には、燃費計とブレーキエネルギー回生システムインジケーターが、やや強調気味に配置されているあたりも時代を感じさせる。

そして、予想に反したのが後席の居住性だ。

ライバルメーカーの4~5ドアクーペ車とは考え方がまったく異なり、ショーファードリブンとしても十分に使える空間が確保されているのだ。たっぷりとしたサイズのシートは、大きなリクライニング調整幅を持ち、独立して前後スライドさせることもできる。

こんなフォルムだから、頭上空間はもっと狭いのかと思ったら、十分に広く確保されていて、最後方にスライドさせても余裕がある。加えて、感心するほど広いニースペースが出現するのだ。

BMW 5シリーズグランツーリスモ

さらに、非常に大きな開口面積を持つパノラマガラスサンルーフ(オプション)は、前席では頭上が抜け、後席ではちょうど視野のメイン部分が開けているので、リアクォーターウィンドウと相まって、大きな開放感を堪能することができる。

最大の特徴であるラゲッジスペースは、テールゲートが2段階に開き、セダンのトランク的な使い方もできるし、ツーリングをしのぐほどの大開口で良好なアクセス性の恩恵にもあずかれる。

タイヤハウス後方が幅広く空いているのでゴルフバッグも積みやすいし、後席を前倒しすると、相当に広くフラットなスペースを得ることができる。シチュエーションに応じて、これまでになかった斬新な感覚の使い方をこなしてくれるのだ。

ちなみに聞くところでは、すでに5シリーズGTは、本国では実際にショーファードリブンとしても使われているらしい。シートが前後スライド可能なショーファードリブンというのも珍しいが、大なり小なりいろいろな部分に新しい時代の到来を感じさせるクルマである。

BMW 5シリーズグランツーリスモBMW 5シリーズグランツーリスモBMW 5シリーズグランツーリスモBMW 5シリーズグランツーリスモBMW 5シリーズグランツーリスモ

BMW 5シリーズグランツーリスモ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 5シリーズグランツーリスモ の関連記事

BMW 5シリーズグランツーリスモの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 5シリーズグランツーリスモ の関連記事をもっと見る

BMW 5シリーズグランツーリスモ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • BMW
    X3

    新車価格

    639万円710万円

  • BMW

    新車価格

    317万円618万円

  • BMW
    X1

    新車価格

    406万円614万円