autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 5シリーズグランツーリスモ 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/1/26 16:27

BMW 5シリーズグランツーリスモ 試乗レポート(2/2)

関連: BMW 5シリーズグランツーリスモ Text: 石川 真禧照 Photo: オートックワン編集部
BMW 5シリーズグランツーリスモ 試乗レポート

軽快なドライビングを楽しむなら直6・3リッターの535i

BMW 5シリーズグランツーリスモ

エンジンは直列6気筒3リッターツインターボ/306馬力(535i)と、V8 4.4リッターツインターボ/407馬力(550i)の2種類。とくに直6は新開発エンジンで、直噴とバルブトロニックを組み合わせている。

どちらのエンジンもBMWの新環境対策である「BMW エフィシエント・ダイナミクス」を導入している。エンジン回転計に、ブレーキ・エネルギー回生表示メーターが内蔵されているのが特徴だ。

ドライバーがブレーキを踏んだときやアクセルペダルから足を離したときに、運動エネルギーを電力に変換し、バッテリーに蓄えることで、発電のために燃料を使うことを防ぐのだ。

トランスミッションは、これまでBMWの最上級車760iにのみ用いられていた8速ATを搭載。マニュアルモードはパドルレバーではなく、センターコンソールのシフトレバーだけで操作できる。

ダイナミック・ドライブコントロールは、コンフォート/ノーマル/スポーツ/スポーツプラスの4段階が設定されているが、これはノーマルモードで十分。

スポーツ/スポーツプラスはシフトアップタイミングが高く、町中では使いづらかった。町中でこのモードを使うならマニュアルシフトにしたほうがよいだろう。

サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン、リアはインテグラルアーム+エアスプリング+セルフレベリング機能付。前後輪統合制御ステアリング・システム(インテグレーテッド・アクティブ・ステアリング)も標準装備だ。この足回りも7シリーズと共通だ。

BMW 5シリーズグランツーリスモ

やや高めの着座位置からの視界は良好。

V8 4.4リッターツインターボの550iは、重量が2,150kgと重いためか、数値ほどのパワー/トルクはあまり体感できない。確かに、0-100km/h加速は5秒台と535iよりも0.5秒ほど速いのだが、軽快さはなく重厚な感じだ。

一方、直6ツインターボの535iは8速/1,000回転からでも加速するトルクフルな設定で、軽快かつ扱いやすい。ワインディングでもフロントの軽さが体感でき、ドライビングを楽しめる。燃費も8km/Lは可能だろう。

後は、このクルマをどう感じるかは、ハンドルを握ったあなた次第ということになる。

BMW 5シリーズグランツーリスモBMW 5シリーズグランツーリスモBMW 5シリーズグランツーリスモBMW 5シリーズグランツーリスモBMW 5シリーズグランツーリスモ
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 5シリーズグランツーリスモ の関連記事

BMW 5シリーズグランツーリスモの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 5シリーズグランツーリスモ の関連記事をもっと見る

BMW 5シリーズグランツーリスモ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/16~2017/12/16