autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 5シリーズ 海外試乗レポート/石川真禧照

試乗レポート 2010/3/26 14:14

BMW 5シリーズ 海外試乗レポート/石川真禧照(1/2)

BMW 5シリーズ 海外試乗レポート/石川真禧照

先々代に近いスタイリングとなった新型5シリーズ

BMW 新型5シリーズ
BMW 新型5シリーズBMW 新型5シリーズ

BMWのアッパーミドルクラス、5シリーズセダンがフルモデルチェンジした。

先代の5代目は、セダン以外に「ツーリング」と呼ばれるステーションワゴンがあったが、今回はセダンだけの登場である。しかし、5シリーズは昨年末に5ドアクーペの「グランツーリスモ」を既に発表している。この5ドアセダンは、新型ではなく旧型か?

実はグランツーリスモは、今回の新型5シリーズの先行モデルなのだ。

新型5シリーズは、現行の7シリーズのサスペンションコンポーネンツなどを流用したニューモデルで、BMWはまず始めに5ドアのグランツーリスモに7シリーズのコンポーネンツを搭載し、実戦テストをしたのだ。

そして、7シリーズをベースにしているので、新型5シリーズのボディサイズは先代よりも拡大している。旧5シリーズと比較すると、全長で+55mm、全幅+15mm、全高+5mm、そしてホイールベースは80mmも長くなっているのだ。

ホイールベースを同クラスのセダンと比較してみると、クラウンマジェスタより45mm、日産 フーガより70mm、メルセデスベンツ Eクラスよりも95mmも長くなる。

BMW 新型5シリーズ
BMW 新型5シリーズBMW 新型5シリーズ

新型5シリーズのスタイリングは、先代の5代目E60/61(BMW好きの人は開発コードで呼ぶ人が多い)よりもおとなしくなって、先々代の4代目(E39)に近いイメージとなった。

しかし、大きくなったキドニーグリル(BMW独自の2分割グリル)は、上方が突き出した逆スラントノーズになり、車体の幅の広さも手伝ってかなり大きく見える。

そして、サイドに回りこむと、ボンネットが長くスポーツカー的なプロポーションが特徴。テールランプはボディサイドまで回りこみ、LEDを多用しているのが新しい。

インテリアは、これまでのようにナビゲーション画面のためにダッシュボードが盛り上がることなく、スッキリとしている。さらにコクピットのレイアウトは約7度ドライバー側に向けられており、このクルマが完全にドライバーズカーとして開発されたことがわかる。

ボディカラーは7色、インテリアはトリムカラーなどを含め13色が用意され、それぞれの組み合わせが可能になっている。

BMW 新型5シリーズBMW 新型5シリーズBMW 新型5シリーズBMW 新型5シリーズBMW 新型5シリーズ

BMW 5シリーズ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 5シリーズ の関連記事

BMW 5シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 5シリーズ の関連記事をもっと見る

BMW 5シリーズ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20