autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 ahead 12月号- BMW 4シリーズ ~岡崎五朗のクルマでいきたい~

特別企画 2014/1/27 11:53

ahead 12月号- BMW 4シリーズ ~岡崎五朗のクルマでいきたい~

ahead 12月号- BMW 4シリーズ ~岡崎五朗のクルマでいきたい~

美しく走り贅沢に寛ぐ3シリーズの後継クーペ

BMW 4シリーズクーペBMW 4シリーズクーペ

BMWのニューフェイスである4シリーズクーペは、要するに3シリーズクーペの後継モデルだ。ではなぜ3シリーズではなく4シリーズと名乗るようになったのか?

理由は二つある。ひとつは分かりやすさ。6シリーズクーペは従来からあったものの、今回からBMWはラインアップ全体を通して、クーペに偶数番号を与えることにした。5ドアハッチバックの1シリーズをベースとしたクーペの名前も2シリーズだ。

もうひとつの理由は、より明確な差別化にある。セダンの3シリーズをもとにつくったクーペではなく、独自のキャラクターを持つ存在であることを印象づけるためには、独立したネーミングが必要だとBMWは考えたのだろう。エンジンやサスペンションといった主要メカニズムは3シリーズと共用しているだけに、考えようによってはマーケティング主導の言葉遊びにも思える。が、オーナーになったときの気持ちを想像してみると、何乗ってるの? と聞かれたとき、3シリーズのクーペと答えるよりは、4シリーズと答えた方がなんだか嬉しいのではないか…という気がしなくもない。

BMW 4シリーズクーペBMW 4シリーズクーペ

先代3シリーズクーペのボディパネルはセダンと100%異なっていたが、4シリーズのボンネットフードはセダンと同じもの。しかし見た目の差別性は先代のとき以上だ。セダンと比べて55㎜低く、25㎜ワイドで、45㎜長いボディは、肉感的でありながら伸びやかかつエレガントでもある。しかしもっとも印象的だったのは走りだ。大幅な低重心化とワイドトレッド化の効果でコーナーでの接地感と安定感がハンパじゃない。これぞオンザレール感覚。435iが積む3L直6ターボの“味の濃さ”も格別だ。美しく走りのいいクーペでありながら大人4人が寛げる室内スペースを持っているのも魅力。我慢のないちょっと贅沢なクーペライフを送りたいなら最高の相棒になるだろう。

BMW 4シリーズクーペBMW 4シリーズクーペBMW 4シリーズクーペBMW 4シリーズクーペBMW 4シリーズクーペ

BMW 4シリーズクーペ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 4シリーズクーペ の関連記事

BMW 4シリーズクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 4シリーズクーペ の関連記事をもっと見る

BMW 4シリーズクーペ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/22~2017/7/22