autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 3 シリーズ ツーリング 試乗レポート/西川淳

試乗レポート 2012/8/3 20:09

BMW 3 シリーズ ツーリング 試乗レポート/西川淳(1/2)

関連: BMW 3シリーズツーリング Text: 西川 淳 Photo: BMW JAPAN
BMW 3 シリーズ ツーリング 試乗レポート/西川淳

待ちに待った新型3シリーズツーリングの登場

BMW 3 シリーズ ツーリングBMW 3 シリーズ ツーリング

2012年上半期、BMWのセールスはプレミアムセグメントにおいてナンバー1という好成績を収めている。人気モデルは、相変わらずX1や1シリーズ、5シリーズ、X5あたり。

本来は、ここにDセグメントサルーンで早くもナンバー1の座を射止めている3シリーズが“オレ様が主役だ!”とばかりに入っているはずであり、3シリーズのボディタイプやパワートレインが揃ってくれば、BMW全体の勢いはさらに増すことだろう。

欧州市場で待ち望まれているのは、もちろんステーションワゴンボディのツーリングである。ヨーロッパ人にとって、日々の移動から、バカンスの高速ロングドライブまでこなすステーションワゴンは、実用車の基本スタイルだからだ。

走りの質感が相当に上がった新型3シリーズ。ゆえにツーリングの出来映えにも期待できる。本国ではこの9月に発表発売される。

初夏のミュンヘンで、巷の注目を浴びながら328iツーリングを試乗した。

BMW 3 シリーズ ツーリングBMW 3 シリーズ ツーリングBMW 3 シリーズ ツーリングBMW 3 シリーズ ツーリングBMW 3 シリーズ ツーリング

ラゲッジの容量が増えても変わらぬスポーティなデザイン

BMW 3 シリーズ ツーリング

セダン同様、ツーリングボディデザインの方向性は以前と変わらない。どこをどうみても、ビーエムのツーリングでござい、というスタイリングである。

けれども、印象的なのは、フロントノーズを低く見せるF30ゆえなのか、ワゴンのF31では、そのスポーティなフロントイメージに合わせるべく、エンドピラーとサイドパネルウィンドウの傾斜と形状を微妙に変えて、よりいっそうスポーティなエクステリアデザインとしたことだ。

これぞスポーツワゴン!という出で立ちで、特にはじめて見たときは、リアやや斜め上からのスタイリングに釘付けとなった。

BMW 3 シリーズ ツーリングBMW 3 シリーズ ツーリングBMW 3 シリーズ ツーリングBMW 3 シリーズ ツーリングBMW 3 シリーズ ツーリング
BMW 3 シリーズ ツーリングBMW 3 シリーズ ツーリングBMW 3 シリーズ ツーリングBMW 3 シリーズ ツーリングBMW 3 シリーズ ツーリング
BMW 3 シリーズ ツーリング

全長、全幅、全高といった基本サイズはセダンと変わらない。旧型ツーリングに比べると、全高こそやや抑えられたものの、全高、ホイールベース、トレッドなどが延ばされた。なのでよけいに平べったく、どっしりとしてみえるのだ。

旧型では全長4.5m台をキープしていたものの、F31ではついに4.6mを超えてしまった。それでも、メルセデスベンツCクラスやボルボV60と同等レベルに収まっており、アウディA4アバントよりは短い。

サイズアップの恩恵は、そのまま室内や荷室のスペース性アップとなって現れている。頭上や左右といった室内幅の延伸はもちろんのこと、ラゲッジ容量も旧型+35リットルの495リットル(最大1500リットル)とした。

ヘビーユーザーにとって嬉しいのは、リアゲートの開口部が広くなったことと、足の出し入れだけでオープンできる電動ゲートが機能として加わったことだろう。開口部まわりのディテール質感も高い。

また、ゲートガラスも単独で開閉可能とした。

BMW 3シリーズツーリング 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 3シリーズツーリング の関連記事

BMW 3シリーズツーリングの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 3シリーズツーリング の関連記事をもっと見る

BMW 3シリーズツーリング の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23