autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW 3シリーズカブリオレ 海外試乗レポート 3ページ目

試乗レポート 2007/2/26 13:19

BMW 3シリーズカブリオレ 海外試乗レポート(3/3)

関連: BMW 3シリーズカブリオレ Text: 竹岡 圭 Photo: BMW グループ・ジャパン株式会社
BMW 3シリーズカブリオレ 海外試乗レポート

中途半端なクーペカブリオレを作ろうと思ったわけじゃない

いくらエレガンスなカブリオレモデルと謳ったところで、BMWというとどうしても外せないのが運動性能です。しかしハードトップとなると、気になるのが重量の増加。予想通り約200kgほど重量が増してしまいました。運動性能を追求するならば、軽い方がいいに決まっているわけで、やはり高い運動性能で評判のクーペほどのシャープな切れ味は正直ありません。しかし、BMWだってその辺りは承知の上。「中途半端なクーペカブリオレを作ろうと思ったワケじゃなく、あくまでカブリオレ専用モデルとして作ったからコレでいいのだ」と言い切っています。

とはいえ、カブリオレとして考えれば十分にスポーティ。だって、2シーターのロードスターではなく、4シーターのカブリオレモデルなのですから。まずパワートレインにしたって、クーペモデルで評判の高かったターボエンジンと、クーペモデルから新しくなった進化したATのおかげでパワフルさは十二分。特にATの滑らかさは、特筆モノといってもいいほどのシルキーフィーリングです。

ハンドリングもカブリオレモデルとして考えたら十分にスポーティ。キビキビしすぎることがない程度に、パキッとした動きをしてくれます。その代わりといってはなんですが、乗り心地的には特にランフラットタイヤを履いた試乗車では、ちょっとカッチリしすぎているのでは・・・と、思ってしまうくらい正直カタメ。クローズド状態で乗ると突き上げ感が少々目立つので、オープン状態で乗ったほうが適度に力が抜けてちょうどイイ、と感じられたくらいでした。

でも総じてBMW車は5,000km以上乗るとアタリが付いて乗り味が変わってきますので、この辺りはオーナーに合わせた馴染み方次第と言ったところではないでしょうか。育てる楽しみのあるBMWらしいところですね。

さて、カブリオレモデルとなると、オープンで走るときの風の巻き込み具合なんかも気になるところです。特に女性は髪の毛がグチャグチャになる心配もあることですし、カップルでデートなんていう場合はあまりに風の音がうるさいと会話を楽しむどころではなくなってしまいますから。で、簡単に言いますと風の巻き込み具合は標準的よりちょっと上といったところではないでしょうか。

しかしウィンドウディフレクターを後席にセットして立ててしまえば、まったく巻き込まないといってもいいくらいイヤな風は入ってきません。その上このウィンドウディフレクター、以前よりもかなり扱いやすくなったのも嬉しいところ。男性なら片手で、女性でも一人で装着できるように操作が簡便化され、扱いやすくなっています。もちろん収納も簡単です。オーナーになると、意外とこういう細かいところが、効いてくるんですよね。

筆者: 竹岡 圭

BMW 3シリーズカブリオレ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 3シリーズカブリオレ の関連記事

BMW 3シリーズカブリオレの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 3シリーズカブリオレ の関連記事をもっと見る

BMW 3シリーズカブリオレ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/26~2017/9/26