autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート 航続距離はなんと「912km」!BMW 320i 実燃費イベントレポート/岡本幸一郎 3ページ目

イベントレポート 2011/6/14 13:14

航続距離はなんと「912km」!BMW 320i 実燃費イベントレポート/岡本幸一郎(3/4)

関連: BMW 3シリーズ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
航続距離はなんと「912km」!BMW 320i 実燃費イベントレポート/岡本幸一郎

都心から首都高~湾岸線からアクアラインへ

BMW 320iを運転する岡本氏BMW 320i

スタート時点から京橋ICで首都高速に乗るまでの約2km弱は、さすがに東京のど真ん中の平日の午後ということもあり、けっこうな交通量だ。

当初、航続距離の表示は京橋IC通過時点で781kmまで落ち、さらに首都高速に乗り、浜崎橋JCTを通過した時点では770kmまで落ち込んだ。

都心環状線から11号台場線に入り、そして湾岸線へ。

ごく普通に走行したのだが、その後、航続距離は下限で759kmまで落ちてしまったが、走行距離にして11kmほどとなる東京湾トンネル通過時で、ようやく増える側に転じ、それまでヒトケタ台だった平均燃費も10km/Lを超えた。

なお、この時点で平均速度は36km/h台だ。その後は概ねずっと走れば走るほど航続距離も平均燃費も順調に伸びていった。

普通に走っているぶんには、1速と2速では2000回転台でシフトアップし、それより上のギアでは、もっと低い回転数でシフトアップする。これは、一番効率の良い加速の仕方をトランスミッション自体が覚えていることによるものだ。

BMW 320i

また途中、先導車が遠慮なく(?)上り坂でも加速するので、筆者もあまり離れることのないように心がけて運転していると、BMW320iはけっこう積極的にシフトダウンする印象だった。

これは、基本的にはあまりアクセルを開けないほうが燃費は良いのは当然なのだが、強めの加速が必要なシーンでは、ダラダラと長い時間をかけてゆっくり加速するよりも、一気に加速して短時間で加速をすませたほうが、トータルでは効率的であるためだ。

BMW320iのシフトスケジュールも、学習モードが燃費走行に合った状態になっていても、アクセルの踏み込み量からして、キックダウンしたほうが良いと判断すると、そうなるように設定されているのだ。

また、下り坂などでアクセルオフにしていれば、燃料噴射がカットされて燃料の消費が抑えられることに加え、BMWがいち早く採用したブレーキエネルギー回生システムにより、アクセルをもどしたりブレーキを踏んだりしたときのみオルタネーターに発電させることで、エンジン負荷の低減を図るようになっている。

瞬間燃費計が大きく左に振れているときがそうだ。

川崎浮島JCTで首都高速湾岸線から東京湾アクアラインに入ったあたりで、航続距離は830km、平均燃費は14.4km/Lを表示。

ここから先では、ゆるやかな下り坂が長く続くのだが、そうしたシチュエーションでの燃料消費は小さく、発電量は大きいことになり、海ほたる手前2kmというところで、航続距離854km、平均燃費15.3km/Lまで大きく上昇。

そして海ほたるPAに到着し駐車した時点では、平均燃費が15.1km/Lと、ほぼカタログ公表値が出た。

航続距離は875kmと、出発時より大幅に伸びたものの、912kmには大きく届かなかった。なお、平均車速は58.5kmだ。

BMW 3シリーズ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 3シリーズ の関連記事

BMW 3シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 3シリーズ の関連記事をもっと見る

BMW 3シリーズ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24