autoc-one.jp 記事・レポート 特集 エンタメ 自動車美人 似鳥陽子/今井優杏の「自動車美人」

自動車美人 2009/9/15 11:00

似鳥陽子/今井優杏の「自動車美人」

関連: BMW 3シリーズ Text: 今井 優杏 Photo: オートックワン編集部
似鳥陽子/今井優杏の「自動車美人」
似鳥陽子さんとBMW 318i Mスポーツ

今回は、女性社長としてパワフルに活躍される似鳥陽子さん。

その業務内容は編集、PR企画、ライティング、中国ビジネスのコンサルティング、マナーサロン顧問など実に幅広い!

青年経済人の集まりである(社)日本青年会議所でも活動していらっしゃるという、交友関係もゴージャスな、まさにセレブ女性社長です。

いつも様々なことにアンテナを張り巡らせ、ステキな情報をキャッチし続ける似鳥さんの愛車はクールなBMW 318i Mスポーツクーペでした。

似鳥陽子/今井優杏の「自動車美人」

『初めて就いた仕事は、某国産メーカーのショールームレディでした。

その時、同じ販売チャンネルにシュテルンとフォードがあったんです。そのとき幸いにも色んなクルマを見ることが出来まして、そのおかげでドイツのクルマがすごくイイんだということを知っていたんです。

ですから、最初のクルマはメルセデスでした。

20代の頃は背伸びがしたいですから、大きくてオジサンの乗るようなクルマがカッコイイと思っていたんです。だけど乗りかえる時に、次は等身大の、スポーティで若々しいクーペがいいな、と思って。

アウディのTTなども考えたのですが、2シーターだと家族や友達を乗せてあげられないし、仕事にも不便。ゴルフバッグも積むのである程度の容量が欲しかった。

似鳥陽子さんとBMW 318i Mスポーツ
似鳥陽子さんとBMW 318i MスポーツBMW 318i Mスポーツ

そこで自分のニーズに完全に一致したのがBMW 318i Mスポーツクーペでした。

メルセデスから乗り換えてすぐは違和感がありました。メルセデスには乗っていても運転していないようなスムーズさ、最適さがあったんです。

だけどBMWはその対極のようなクルマ。足もカタいですし、スポーティ過ぎて。

だけど慣れてくるとクルマとの一体感をすごく感じられる。“若いな”というイメージです。若いうちに乗っておいてよかったと思いますね。

それから、BMWには意外な魅力があります。

似鳥陽子さんとBMW 318i Mスポーツ
(左)似鳥陽子さん/(右)今井優杏さん

私は普段から着物で出かけます。お茶や狂言を習っていることもありますが、パーティにも着物で出席します。私はマナー会社の顧問という顔も持っていますが、BMWは車高が低いので、着物でも乗り降りしやすく、裾が乱れないというメリットがあるんです。

着物をよく着る人には、「みなさんBMWに乗りましょう!」と言いたいですね。

輸入車の魅力は、安全性が高くて手放す時にも査定が残るところだと思っています。前のメルセデスも8年間乗ったんですが、調子が悪くなり、買い変えなきゃいけないかな、と思っていたらぶつけちゃったんです。

そうしたら全損扱いで保険が降りて、次のクルマの頭金になり、しかも8年乗ってなお査定が残っていたんです。

『虎は死して皮を残すが、メルセデスは壊れて保険金残す!』と、胸がキュンとしました。

最後まで私を守ってくれたのね、と(笑)。もちろん、愛するMスポーツクーペは最後まで大事に乗るつもりです。』

ブログhttp://ameblo.jp/tiger-sweet-lily/

筆者: 今井 優杏

BMW 3シリーズ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 3シリーズ の関連記事

BMW 3シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 3シリーズ の関連記事をもっと見る

BMW 3シリーズ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/22~2017/11/22

  • BMW
    X3

    新車価格

    639万円710万円

  • BMW

    新車価格

    317万円618万円

  • BMW
    X1

    新車価格

    406万円614万円