autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMWはPHEVの本格的な普及を狙っている!先行試乗で凄さがわかった!BMW2、3シリーズPHEV海外試乗レポート 4ページ目

試乗レポート 2016/2/5 18:36

BMWはPHEVの本格的な普及を狙っている!先行試乗で凄さがわかった!BMW2、3シリーズPHEV海外試乗レポート(4/4)

BMWはPHEVの本格的な普及を狙っている!先行試乗で凄さがわかった!BMW2、3シリーズPHEV海外試乗レポート

静かで上質な電気モータードライブこそがPHEVの魅力

BMW 2シリーズPHEVBMW 3シリーズPHEV

さて、ここからはPHEVへの考え方への提案を。

今回試乗したPHEVの2シリーズ、3シリーズ共に、2時間半から3時間でフル充電。そうすればカタログ数値上は約35kmを電気モーターだけの走行が可能なので、経済的で…、などのありきたりな説明がPHEVを見えなくしている。別の言い方をすると、PHEVは充電できることに価値が見出されており、充電できない環境のユーザーには縁のないモデルとされている。

その考えこそ机上論であり、PHEVの一端しか見ていないと思えてならない。電気自動車を乗ったことのある方、ハイブリッド車でも部分的に可能な電気モーター走行を体験したことのある方なら共感できるはず。あの振動が極めて少ない静かで上質な電気モータードライブ領域が与える、「快適性」や「爽快感」、「気持ち良さ」や「特別感」。

PHEVはそれをどのような環境でも生み出せる。今は未対応の一般家庭用の100V充電ができたら将来はさらに使いこなせる。しかしそれが無くても、バッテリーセーブモードを使えば50%までエンジン出力を使って走りながら充電できるし、シフトをスポーツにすれば実は80%付近までも充電可能。要は電気モータードライブを意図的に作り出せる。

新車時のフル充電で約35km走行を6年間10万kmでも変わらず

BMW 3シリーズPHEVと五味康隆氏BMW 3シリーズPHEV

このような話をすると、ガソリンを使ってバッテリーを充電するなど元も子もないという意見が必ず出るが、それはPHEVを経済性の観点からしか見てない証拠。エンジン駆動では得られない電気駆動による洗練された乗り味を得られることもPHEVの価値と踏まえて欲しい。あとはオーナーがその時の気分で、何を優先するかは自由に選択して使いこなせば良い。

最後に電気自動車を含めて懸念されるのはバッテリー劣化や寿命。今はフル充電で約35km走れるが、携帯のバッテリーと同じく徐々に使用領域が狭くなるはず…と思っている方が多いが、BMWはその不安にも対処。6年間10万kmでも、その能力を発生できるようにしているのが好印象。

仕組みは単純で、バッテリー蓄電量は7kWhだが、約35kmの航続距離に必要なのは5.7kWh。それだけ余裕を持って使うことが、オーナーの期待を裏切らないためには必要であることを開発者は強調していた。

[Text:五味康隆]

筆者: 五味 康隆

BMW 3シリーズ 関連ページ

BMW 2シリーズアクティブツアラー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 3シリーズ の関連記事

BMW 3シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 3シリーズ の関連記事をもっと見る

BMW 3シリーズ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/24~2017/11/24

  • BMW
    X3

    新車価格

    639万円710万円

  • BMW

    新車価格

    317万円618万円

  • BMW
    X1

    新車価格

    406万円614万円