autoc-one.jp 記事・レポート 特集 インタビュー FRにこだわってきたBMWが「FF」に方向転換したワケ 3ページ目

インタビュー 2015/12/29 16:57

FRにこだわってきたBMWが「FF」に方向転換したワケ(3/4)

FRにこだわってきたBMWが「FF」に方向転換したワケ

FF化による走りの面でのメリット/デメリットは?

山本:振り返ってみると、BMWが初採用した装備やアイテムはたくさんあります。

P・H:例えば、新型7シリーズはジェスチャーコントロール、リモートコントロールパーキング、レーザーライト、カーボン複合ボディなどの先進アイテムを採用していますが、近い将来BMWラインナップにも水平展開されるでしょう。BMWはそれぞれの世代で新技術を先駆けて投入してきた実績があります。iDriveなどインターフェイスやナビゲーション、業界の標準になった物もたくさんあると思いますよ。

Peter Henrich氏

山本:ちなみにFFモデルでは最も新しいX1は、現在世界的なトレンドとなっているクロスオーバー市場に投入したモデルですが、ライバルも多いと思います。X1の強みはどこにあると考えていますか?

P・H:BMWはSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)と呼んでいますが、世界で人気を博しています。ちなみに初代X1はグローバルで73万台を超えるヒットモデルで、日本の若い世代にも人気が高いです。2代目は全長が短くなっていますが、全幅と全高は高くしています。これにより、他のXモデルと共通のプロポーションを維持しています。一方、インテリアは高品質はもちろんですが、FF化によりスペースが取れるようになったので、後席の居住性も大きくアップ、ラゲッジも大容量を確保しています。エンジンも環境性能を下げながらパフォーマンスを引き上げています。

山本:FF化のメリットは室内空間の広さだと思いますが、走りの面でのメリット/デメリットはどうでしょうか?

P・H:BMWはこれまでFRにこだわってきましたが、エンジニアリング的にはFFでもダイナミックな走行が可能であることも確認しており、それはミニが証明しています。なので、FF化のデメリットはありません。むしろバランスのいいクルマに仕上がっているので、普通に運転している限りはFFなのかFRなのか解らないでしょう。どのモデルもBMWの“運転する喜び”はあります。

BMW 2シリーズアクティブツアラー 関連ページ

BMW 2シリーズグランツアラー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 2シリーズアクティブツアラー の関連記事

BMW 2シリーズアクティブツアラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 2シリーズアクティブツアラー の関連記事をもっと見る

BMW 2シリーズアクティブツアラー の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • BMW
    X3

    新車価格

    639万円710万円

  • BMW

    新車価格

    317万円618万円

  • BMW
    X1

    新車価格

    406万円614万円