autoc-one.jp 記事・レポート 特集 インタビュー FRにこだわってきたBMWが「FF」に方向転換したワケ

インタビュー 2015/12/29 16:57

FRにこだわってきたBMWが「FF」に方向転換したワケ(1/4)

FRにこだわってきたBMWが「FF」に方向転換したワケ

BMWのFF系モデルの商品企画担当Peter Henrich氏に訊く!

Peter Henrich氏

BMWと言えば、どんなモデルでも「縦置きFRレイアウト」、「前後重量配分50:50」にこだわってきたメーカーだが、MPVシリーズである2シリーズ・アクティブツアラー/グランツアラー、そしてSAVであるX1は横置きエンジンのFFレイアウトを採用した。

これは、僕を含む日本の多くの人が驚く出来事だったが、すでに日本で広く受け入れられていることは販売台数が示している上に、2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー の「インポート・カー・オブ・ザイヤー」獲得など高い評価を受けている。

FF化はBMWにとって大きな転換だったと思うが、それを行なえた理由はどこにあったか? そこでBMWのFF系モデルの商品企画を担当しているPeter Henrich氏に聞いてみることにした。

山本:FFのBMW登場に多くの人が驚きましたが、世の中の反応はいかがでしょうか?

Peter Henrich(以下P・H):昨年、2シリーズ・アクティブツアラーを発売しましたが、1年経過してその結果には満足しています。BMWはプレミアムセグメントに焦点を当てていますが、それと同時に自動車業界全体を注視しています。つまり、どのセグメントに“BMWらしい”クルマが必要なのかを常に見ている…というわけです。

BMW 2シリーズ グランツアラー

山本:では、ユーザーはどのようなモデルを望んでいたのでしょうか?

P・H:BMWを求めるユーザーは、ダイナミックな走りや品質などはもちろん、機能性に対して非常に高く評価しています。そこで我々は、それを“コンパクトなクルマ”で実現させる必要があることが解りました。つまり、BMWらしさを備えながらも、街中の走行に適しているかつ、スペースと機能性を持つクルマです。その実現のためにエンジニアが様々な検討をしていった結果が、横置きレイアウトのFFだったわけです。

BMW 2シリーズアクティブツアラー 関連ページ

BMW 2シリーズグランツアラー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 2シリーズアクティブツアラー の関連記事

BMW 2シリーズアクティブツアラーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 2シリーズアクティブツアラー の関連記事をもっと見る

BMW 2シリーズアクティブツアラー の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24