autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW M135i 試乗レポート /西川淳

試乗レポート 2012/8/13 19:24

BMW M135i 試乗レポート /西川淳(1/2)

関連: BMW 1シリーズ Text: 西川 淳 Photo: BMW Japan
BMW M135i 試乗レポート /西川淳

Mパフォーマンス・オートモビルズに、初のガソリンエンジン搭載車登場!

M135iM135i

通常シリーズに負けず劣らず、BMW M社の攻勢が止まらない。新たなレンジとして、Mパフォーマンス・オートモビルズ(MPA)というシリーズを追加したことからも、その積極姿勢が伺えよう。

Mパフォーマンスとは、Mモデルと通常シリーズのMスポーツパッケージとの間を埋めるレンジである。すでにヨーロッパでは、M550dやX5 M50dといった“ディーゼルのM”という新機軸をスタートさせており、今回のM135iはMPA初のガソリンエンジン搭載車ということになる。

M135iの日本市場における発売と販売価格も発表済みだ。

日本仕様は5ドア/8ATのみで、リーズナブルな価格設定が期待された6MT仕様や筆者がミュンヘンで試乗したマッチョで美しい3ドア仕様の導入こそ見送られたが、クルマそのもののパフォーマンスの高さは、5ドアでもさほど変わらないことだろう。

0→100km/h加速、そして燃費(=CO2排出量)のカタログ数値では、高効率な8ATが6MTの性能を上回っている。3ドアが売れなくなった日本市場向けのモデルとして、8ATの5ドアが選ばれたのは、むしろ合理的な判断であろう。

M135iM135iM135iM135iM135i

安く仕立てたホンモノのM

M135i

とはいえ“Mモデルではない”というところに、最初は若干の引っ掛かりを感じていた。

“安物のM”ならまだしも、“ちょっと高いMスポ”ならどうしよう、という思いがよぎっていたからだ。結論からいうと、MPAは、いい意味で“安く仕立てたホンモノのM"だった。

ようするに、こういうことだ。Mモデルならエンジンやシャシーなど、全てを専用設計にし新調することで究極のBMWスポーツ性能を目指すわけだが、結果的にそのコストは価格にそのまま跳ね返り、とても高価な買い物になってしまうことは承知の通り。

一方、エアロパーツ+αのセットくらいなら、価格アップはさほどのものじゃない代わりに、性能的にはノーマルとまるで同じであることは、Mスポパッケージでも明らか。

であるならば、その間を狙えばいいじゃないか———。

BMW 1シリーズ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW 1シリーズ の関連記事

BMW 1シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 1シリーズ の関連記事をもっと見る

BMW 1シリーズ の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/25~2017/7/25