autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 単なる高級車ではないベントレーの神髄、新型ミュルザンヌ試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2016/8/15 16:40

単なる高級車ではないベントレーの神髄、新型ミュルザンヌ試乗レポート(2/2)

単なる高級車ではないベントレーの神髄、新型ミュルザンヌ試乗レポート

4桁のNm

ベントレー 新型ミュルザンヌベントレー 新型ミュルザンヌ

といったボディの見直しとともに、NVH対策も今回はさらに強化した。

エンジンマウントとサスペンションのブッシュを進化させ振動を減らしたり、タイヤをサプライヤーのダンロップと共同開発し従来車から50%のノイズ削減を実現した。これらはすべてキャビンを快適にするためのものとなる。

ではパワートレーンはというと、当然のこと排気量は変わらず、ついでにパワーも今回はそのままスライドされた。

6.75リッターV8から繰り出される最高出力は、スタンダードモデルで512ps、ハイパフォーマンス版の「スピード」で537psを発揮する。

恐ろしいのはそれぞれの最大トルクで、前者が1020Nm、後者が1100Nmとなる。4桁のNmなんてそう見るもんじゃない。ちなみに「スピード」の最高速度は305km/hに達する。

まさにベントレーマジック

ベントレー 新型ミュルザンヌ

そんなミュルザンヌを走らせたのはオーストリアの西側にある街インスブルック。その周辺のワインディングとドイツ側でのアウトバーンを駆けた。

印象は事前のイメージ以上にスポーティで、ベントレーらしさを感じた。

というのも、ウルトラ高級車の範疇を超えるレーシーな体感を得たからだ。これはコンチネンタルGTにも通じるもので、ベントレーの開発陣がアピールしたいところでもある。単なる高級車ではない、かつてのサーキットの輝かしい戦歴を感じさせる仕上がりをしている。

ベントレー 新型ミュルザンヌ スピードベントレー 新型ミュルザンヌ スピード

具体的には、絶対的なパワーを持つエンジンと不安のないストッピングパワー、それとピタッと路面に吸い付くようなエアサスペンションのセッティングだ。トータルでフワフワしたところはなく、どれもビシッとその役目を果たす。しかも、ドライブダイナミックコントロールというデバイスをスポーツにすると、エアサスがハードになり、ステアリングレスポンスもクイックになる。

結果クルマの大きさを忘れてしまうほど、ワインディングで機敏に向きを変えて駆け回れるのだから恐れ入る。まさにベントレーマジックだ。

さらに言えば、そのあと乗ったスピードはさらにそれが如実だった。エキゾーストサウンドを含め、レーシーさはより前面に押し出される。なるほど、このカテゴリーはまだまだ元気のようだ。

モータージャーナリストの九島辰也さん

ベントレーは自身初のSUV「ベンテイガ」も好調な販売のようで、その余波が広がるのも時間の問題だろう。きっと開発資金が潤沢に増えるに違いない。となると、彼らの次の一手が気になるところ。やはりベントレーからは目が離せませんナ。

ベントレー 新型ミュルザンヌ スピードベントレー 新型ミュルザンヌ スピードベントレー 新型ミュルザンヌ スピードベントレー 新型ミュルザンヌ スピードベントレー 新型ミュルザンヌ スピード
ベントレー 新型ミュルザンヌ スピードベントレー 新型ミュルザンヌ スピードベントレー 新型ミュルザンヌ スピードベントレー 新型ミュルザンヌ スピードベントレー 新型ミュルザンヌ スピード
筆者: 九島 辰也

ベントレー ミュルザンヌ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ベントレー ミュルザンヌ の関連記事

ベントレー ミュルザンヌの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ベントレー ミュルザンヌ の関連記事をもっと見る

ベントレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20