autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ベントレー コンチネンタルGTC 試乗レポート/小沢コージ これぞ“お金で買えるシアワセ” 2ページ目

試乗レポート 2012/2/17 20:29

ベントレー コンチネンタルGTC 試乗レポート/小沢コージ これぞ“お金で買えるシアワセ”(2/3)

関連: ベントレー コンチネンタルGTC Text: 小沢 コージ Photo: オートックワン編集部
ベントレー コンチネンタルGTC 試乗レポート/小沢コージ これぞ“お金で買えるシアワセ”

重くて硬くて精度のメチャクチャ高いモノ

ベントレー コンチネンタルGTC V12ベントレー コンチネンタルGTC V12

さらに驚くのは走り出してから。新型になって全域でクオリティが上がったが、すべてがしっとりなめらか。乗り心地は、カチっと硬めでそれでいて、重いモノが物凄いパワーで動かされている感触があり、無駄な振動を伝えない。

ステアリングは、重いモノが良質なサポートを受けて軽く回る感じで、手はそれに添えているだけ。それでいてステアリング剛性が物凄く高いから、コーナリングはシャープだし、路面の凹凸もそれなりに伝える。

ブレーキも同様で、車重約2.5トンというヘビー級ボディをカチッとしたフィーリングで止める。一方、このクラスでは当然だが、オープン化のネガはほとんどなく、ワインディングで走ってもミシリともしない。

一応、フロア下にはクーペに比べて“つっかえ棒”たるブレイスバーなどで強化されているが、クーペと比べ、175kgしか重くなっていない。

ベントレー コンチネンタルGTC V12
ベントレー コンチネンタルGTC V12ベントレー コンチネンタルGTC V12

最後になったがパワートレインだ。自慢のVW譲りの6リッターW12気筒は、基本的には旧型譲りだけどピークパワーが575ps、最大トルクが700Nmに上がってさらに余裕に。

とはいえ正直、日本で低速で走ってるレベルじゃ違いはわからず、それより足回りが改良されてアクセルをバカ踏みした時のノーズアップが減ってフラットになったのと、ATがZF製のクイックシフトになってさらにシフトチェンジが速くなったかも?という程度。

それより驚きは、吸音材入りの幌で閉めて走ると、確かに排気音が後ろから聞こえてくるし、街を走る外のクルマの音も聞こえてくるけど、自分自身の音はほとんど気にならない。すべてが上質に仕立てられている証拠だ。

ベントレー コンチネンタルGTC 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ベントレー コンチネンタルGTC の関連記事

ベントレー コンチネンタルGTCの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ベントレー コンチネンタルGTC の関連記事をもっと見る

ベントレー コンチネンタルGTC の関連ニュース

ベントレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26