autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ベントレーコンチネンタルGTC V8 試乗レポート/石川真禧照 2ページ目

試乗レポート 2012/11/27 20:32

ベントレーコンチネンタルGTC V8 試乗レポート/石川真禧照(2/2)

ベントレーコンチネンタルGTC V8 試乗レポート/石川真禧照

ベントレー コンチネンタルシリーズの中で“最も燃費がいい”GTC

ベントレーコンチネンタルGTC V8
ベントレーコンチネンタルGTC V8ベントレーコンチネンタルGTC V8

ベントレー コンチネンタルシリーズに新しく加わったV8コンバーチブルは4.0リッターツインターボと8速ATを組み合わせ、燃費は9.2km/L(EUサイクル)を達成している。ちなみに同じエンジンを搭載しているクーペGTは9.5km/Lなので、GTCはシリーズの中で、“最も燃費のよい”モデルということになる。実際に今回の試乗中に燃費計は6~9km/Lを示していた。

クーペと最も異なるのは居住性だ。特にリアシートは低めの着座位置で左右1名ずつの2名。中央も座れないことはないが、足元が狭い。左右はツマ先がフロントシートの下に入るので、窮屈な思いをしなくても済みそう。身長165cmまでならあまり辛い思いをせずに、乗車できるだろう。

ホロを開ける。センターコンソール上のスイッチ操作で約15秒。これでオープンになる。ホロはきれいに折りたたまれてボディの下に収納される。ちなみに、この状態でもトランクは使える。トランクの大きさは、W12と同じだ。リアシートの背もたれ中央がトランクスルーなのでゴルフバッグも入る。

乗ってみれば実感できるベントレーの“価値”

ベントレーコンチネンタルGTC V8ベントレーコンチネンタルGTC V8

コンチネンタルGTCのV8エンジンは2000回転あたりからトルクが太くなり、3000回転からツインターボのトルクが爆発、一気にオーバー6000回転まで上昇する。5000回転までマニュアルモードで引っ張ってみると1速50.2km/h、2速80.3km/h、6000rpm手前で3速100km/hに達する。条件さえそろえば4、5、6、7、8速と車速をあげ、250~280km/hでも出せそう。世界最速のオープンカーの1台と言える。

一方、100km/hに照準を合わせてみると、Dレンジ8速ではわずか1500回転での走行。7速でも1800、6速2000回転に過ぎない。日本での高速走行なら10km/Lは出せそうだ。とくに7,8速は完全に高速走行用のギアなので、マニュアル操作でも7は75km/h、8速は90km/hに達しないとシフトできなかった。

このベントレー コンチネンタルGTCV8の車両本体価格は2380万円。クーペのGT V8よりも214万円高い。ベントレーの悩みは、この価格への認知度が日本のユーザーの間で低いこと。一度実車に乗ってみればその価値は十分に実感できるのだが。。。

ベントレーコンチネンタルGTC V8ベントレーコンチネンタルGTC V8ベントレーコンチネンタルGTC V8ベントレーコンチネンタルGTC V8ベントレーコンチネンタルGTC V8

「ベントレーコンチネンタルGTC V8」主要諸元

全長×全幅×全高:4280mm×1945mm×1400mm/ホイールベース:2745mm/車両重量:2530kg/乗車定員:4名/エンジン種類:4.0リッター V8ツインターボチャージド/総排気量:3993cc/最高出力:507ps(373kW)/6000rpm/最大トルク:660Nm/1700rpm/トランスミッション:ZF製8速オートマチック、クイックシフト、ステアリングホイール搭載パドルシフト付/最高速度:301km/h(0-100km/h加速 5.0秒)/ステアリング位置:左/タイヤサイズ:9.5×20インチ 275/40 ZR 20 (Op 275/35 ZR 21)/車両本体価格:23,800,000円[消費税込み]

ベントレーコンチネンタルGTCのグレード・価格など詳細はこちら

ベントレー コンチネンタルGTC 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ベントレー コンチネンタルGTC の関連記事

ベントレー コンチネンタルGTCの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ベントレー コンチネンタルGTC の関連記事をもっと見る

ベントレー コンチネンタルGTC の関連ニュース

ベントレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/28~2017/7/28