autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】ベントレーコンチネンタルGTC(コンバーチブル) V8 試乗レポート/金子浩久

試乗レポート 2014/3/20 10:36

【試乗】ベントレーコンチネンタルGTC(コンバーチブル) V8 試乗レポート/金子浩久(1/2)

【試乗】ベントレーコンチネンタルGTC(コンバーチブル) V8 試乗レポート/金子浩久

屋根を開けても、屋根を閉じても「カンペキ」

ベントレー コンチネンタルGTC(コンバーチブル) V8[ボディカラー:ホワイト サンド]

コンバーチブル、カブリオレ、ドロップへッド、そしてオープンカー……。

呼び名はたくさんあるけれども、開けたり閉めたりできる屋根を持ったクルマは、やはり開けて走っている時が一番気持ちがいい。そういう風に造られている。屋根を閉めると走行音がこもったりして、完璧な静粛性が確保されているわけではないのは、オープンなら仕方のないことだろう。

しかし、ベントレー コンチネンタルGTC V8は違った。屋根を開けている時も閉めている時も完璧だったのである。

ベントレー コンチネンタルGTC(コンバーチブル) V8 試乗レポート/金子浩久 7

撮影のために、雨の日にトンネルの中で屋根を開けて走り出した。時速は30キロから60キロぐらいの間。トンネルから出ると、フロントガラスに当たる雨の滴をワイパーで拭わないと前方がボヤけて何も見えない。

でも、車内にはほとんど雨は吹き込まない。見直したり、手で触って確かめてみても少なくとも運転席と助手席には一滴の雨粒も付いていない。サイドウインドウを上げてあるので、横からも吹き込んでいない。後席がどうなっているのかを振り返って確かめたいけれども、そうはいかない。運転中だから。

ベントレー コンチネンタルGTC(コンバーチブル) V8 試乗レポート/金子浩久 6ベントレー コンチネンタルGTC(コンバーチブル) V8

停まって確かめてみると、後席には雨滴はほとんど付いていない。停まれば当然付く。つまり、ボディの形状が周囲の空気をスムーズに流すように造形されているから、雨滴は車内に落ちる前に気流とともに一瞬のうちに後方に流れ去っていて、屋根を下ろしていても雨には濡れないのだ。これには驚かされた。

雨に降られたからといって、渋々と屋根を閉めなくても構わないのだ。このクルマに乗っていれば、天候にすら従う必要がない。究極の自由、贅沢!

もちろん、他のコンバーチブルでもこれに近いことは実現できるだろう。だが、ベントレー コンチネンタルGTC V8には、さらにもう一歩先があるのである。

[次ページへ続く]

ベントレー コンチネンタルGTコンバーチブル 関連ページ

ベントレー コンチネンタルGT 関連ページ

ベントレー コンチネンタルGTC 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ベントレー コンチネンタルGTコンバーチブル の関連記事

ベントレー コンチネンタルGTコンバーチブルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ベントレー コンチネンタルGTコンバーチブル の関連記事をもっと見る

ベントレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27