autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ベントレー・コンチネンタルGT V8 試乗レポート/金子浩久

試乗レポート 2012/2/8 17:53

ベントレー・コンチネンタルGT V8 試乗レポート/金子浩久(1/3)

ベントレー・コンチネンタルGT V8 試乗レポート/金子浩久

まさに光栄。世界に先駆けコンチネンタルGT V8に試乗

ベントレー コンチネンタル GT  V8ベントレー コンチネンタル GT  V8

恐れ多いことに「世界で初めて」(ベントレージャパン・マーケティング担当者談)試乗することができた。

ただし、場所は神奈川県大磯プリンスホテルの広大な駐車場。タネを明かせば、このコンチネンタルGT V8と、日本市場デビューとなるフルモデルチェンジしたGTCを、ベントレーのセールスマントレーニング会で、同じプログラムを体験することができたのである。

来日した開発責任者のポール・ウイリアムズ氏と、マーケティング責任者のロビン・ピール氏へのインタビュー記事にも書いたように、コンチネンタルGT V8は、6リッターW型12気筒エンジンを搭載するこれまでのコンチネンタルGTから単に気筒数を減らし、排気量を小さくしただけの追加モデルではなさそうだ。

新たにガソリン直噴と可変気筒停止システムを採用し、オートマチックトランスミッションも、ベントレー初となる8速に改められており、ふたつのターボチャージャーも専用のものが新設計されている。

V8が単なる小排気量版なのか、あるいは新しい時代の新しいコンチネンタルGTなのか?それを確かめる機会にとても早く恵まれたというわけである。

ベントレー コンチネンタル GT  V8ベントレー コンチネンタル GT  V8ベントレー コンチネンタル GT  V8ベントレー コンチネンタル GT  V8ベントレー コンチネンタル GT  V8
ベントレー コンチネンタル GT  V8ベントレー コンチネンタル GT  V8

ベントレーのセールスマントレーニング用のプログラムは、専門のドライビングインストラクターによって設営されたものだった。

120km/hまでの全開加速と、フルブレーキング、スラローム、ダブルレーンチェンジの3つを、GTとGT V8、あるいはGTとGTCを比較しながら走行していく。

「えっ!? 駐車場で120km/h出すの?」そう驚くかもしれないが、大磯プリンスホテルのL字型の駐車場の端からスロットルペダルを全開にすれば、約3分の1ぐらい進んだところで、予め設定しておいた警告音がポ~ンッと鳴る。

スロットルペダルを戻し、フルブレーキングではなくとも8割ぐらいの強さで踏み込めば、余裕を残しながら地面に沈み込むようにしてコンチネンタルGTは停まった。

次の周に、今度は意図的にフルブレーキングを試みたところ、停止するまでの距離は3分の2ほどまでに縮み、タイヤが路面を擦り、ABSの作動音が小刻みに反響した。ハンドル操作が効く代わりに制動距離が延びるようなABSではもちろんない。微妙なペダルコントロールも行えるのが印象的だった。

ベントレー コンチネンタルGT 関連ページ

ベントレー コンチネンタルGTC 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ベントレー コンチネンタルGT の関連記事

ベントレー コンチネンタルGTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ベントレー コンチネンタルGT の関連記事をもっと見る

ベントレー コンチネンタルGT の関連ニュース

ベントレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/23~2017/7/23