autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ベントレー コンチネンタルGT 2016年モデル 海外試乗レポート

試乗レポート 2015/6/23 16:47

ベントレー コンチネンタルGT 2016年モデル 海外試乗レポート(1/2)

関連: ベントレー コンチネンタルGT Text: 九島 辰也 Photo: ベントレー モーターズ ジャパン
ベントレー コンチネンタルGT 2016年モデル 海外試乗レポート

ジュネーブMSで突如発表された「ベントレー EXP 10 スピード6」

BENTLEY EXP 10 Speed 6

今年のジュネーブモーターショーでお披露目された、「ベントレー EXP 10 スピード6」というモデルを覚えているだろうか。“スピード6”というネーミングからもわかるように、クラシックベントレーをモチーフにアドバンスドデザインを融合させた一台だ。

ロングノーズ+ショートデッキのそのプロポーションは、まさに“FRスポーツのあるべき姿”といったところである。

一説によると、デザイナーはダニエル・クレイグ扮するジェームズ・ボンドにインスパイアされたとも言われる。イアン・フレミングがつくりだしたオリジナルキャラクターに一番近い彼のスタイルをクルマに例えたというわけだ。

とはいえ、次期ボンドカーもまたアストンマーティンとなるのは濃厚。DB10なんて呼び名が聞こえてきそうだ。

コンチネンタルGTシリーズの2016年モデルに試乗!

BENTLEY Continental GT

それはさておき、2016年モデルとなるベントレーコンチネンタルGTシリーズのステアリングを握ってきた。場所はノルウェーの北西部。スコーヤという街をベースに、フィヨルドの海岸をドライブするコースとなる。

コンチネンタルGTシリーズは2004年のリリースからすでに10余年の月日が経っているが、2011年モデルに一度大きな変更を実施している。ボディパネル形状は一新され、ヘッドライトは外側より内側が大きくなった。そして今回、それをさらに進化させたということになる。

BENTLEY Continental GT SPEED(Spectre)BENTLEY Continental GT SPEED(Spectre)BENTLEY Continental GT SPEED(Spectre)BENTLEY Continental GT SPEED(Spectre)BENTLEY Continental GT SPEED(Spectre)

ベントレーも環境性能を問われる時代へ

BENTLEY Continental GT V8S(Monaco Yellow)

目玉はW12気筒エンジンの気筒休止システム導入であろう。これにより5%の燃費向上と二酸化炭素排出量の低減を可能にした。ただ、V8はすでに気筒休止することからようやくとも言えなくもない。が、嬉しい進化であることは確か。ウルトラプレミアムブランドとて環境性能を問われる時代だ。

構造的には片バンク6本のシリンダーを交互に休ませる仕組み。状況に応じそれを繰り返すそうだ。

V8の場合、片方が外側の2本、もう片方が内側の2本となるが、W12はもっとシンプルな行程といえそうだ。ちなみに、同じくW12気筒ユニットを搭載するGTスピードにはその仕組みは用いられない。GTスピードはあくまでもスピードを追求したモデル。別モノというわけだ。

ベントレー コンチネンタルGT 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ベントレー コンチネンタルGT の関連記事

ベントレー コンチネンタルGTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ベントレー コンチネンタルGT の関連記事をもっと見る

ベントレー コンチネンタルGT の関連ニュース

ベントレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20