autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ベントレー 新型 フライングスパー[2014年モデル] 試乗レポート/金子浩久 2ページ目

試乗レポート 2013/7/27 00:00

ベントレー 新型 フライングスパー[2014年モデル] 試乗レポート/金子浩久(2/3)

ベントレー 新型 フライングスパー[2014年モデル] 試乗レポート/金子浩久

その走り、まるで電気自動車のよう

ベントレー 新型「フライングスパー」[2014年モデル] 試乗レポート画像7

走り出してさらに驚かされた。まるで電気自動車を運転している時のように、排気音が聞こえてこない。タイヤノイズとトランスミッションからの微かな唸り音しか車内に入ってこないのだ。高速道路でスピードを上げていっても“無音ぶり”は変わらない。エンジン回転が上がっているから排気音も高まっているはずなのだが、それ以上にタイヤノイズと風切り音が大きくなっているから、排気音は完全にマスキングされてしまって全く聞こえない。

スロットルペダルを深く踏み込んでギアをキックダウンさせたり、ハンドル裏のパドルでシフトダウンさせてエンジン回転を急激に高めない限り、排気音が自らを主張することは全くない。これは大きな変化だ。まったく別物と呼んで構わない静粛性の高さだ。

先代も静粛性は高かったのだ。しかし、“エンジン排気音を聴かせる”という演出が施されていたために、アイドリングからずっと排気音は重奏低音として耳に入っていた。その演出を止めたので、静かになったわけである。明らかな方針変更だ。

何よりも重視された快適性の追求

ベントレー 新型「フライングスパー」[2014年モデル]

快適性を最優先させるために、ベントレーは19インチの専用タイヤやサスペンションスプリング、ショックアブソーバーなどを開発した。タイヤは上下方向によくたわんでショックを吸収し、スプリングとダンパーもそれに併せて乗り心地を向上させるようにレートがソフトに改められた。

実際の快適性も非常に優れたもので、クルマの使われ方やキャラクターに合っていると思った。ベントレー各車はスイッチひとつでサスペンションの硬さをコンフォートからスポーツまで4段階に変えることができて、フライングスパーでも変わらない。タイヤとサスペンションがソフトになったことで、スポーツから2番目の設定が好ましいように感じた。一般道ならば3番目でもいいだろう。

W12気筒ツインターボエンジンのパフォーマンスも大幅に向上

ベントレー 新型「フライングスパー」[2014年モデル]ベントレー 新型「フライングスパー」[2014年モデル] 試乗レポート画像11

エンジンは先代よりも大幅にパワーアップした。なぜならばコンチネンタルGTスピード用の625馬力版が搭載されているからだ。本来ならば、フライングスパー・スピードと呼ばれるべきところだが、なにか得したような気がする。

6リッターW型12気筒ツインターボエンジンが4輪駆動に組み合わせられ、加速や巡航に関して何の不満も起きてこない。矛盾するような表現だけれども、猛然とスムーズに加速していく。動力性能に関しては一切の不満がない。

[次ページへ続く]

ベントレー 新型「フライングスパー」[2014年モデル]ベントレー 新型「フライングスパー」[2014年モデル]ベントレー 新型「フライングスパー」[2014年モデル]ベントレー 新型「フライングスパー」[2014年モデル]ベントレー 新型「フライングスパー」[2014年モデル]

ベントレー コンチネンタルフライングスパー 関連ページ

ベントレー フライングスパー 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ベントレー コンチネンタルフライングスパー の関連記事

ベントレー コンチネンタルフライングスパーの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ベントレー コンチネンタルフライングスパー の関連記事をもっと見る

ベントレー コンチネンタルフライングスパー の関連ニュース

ベントレー 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25