autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ TT RSクーペ 試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/3/23 13:28

アウディ TT RSクーペ 試乗レポート(2/2)

関連: アウディ TT RSクーペ Text: 金子 浩久 Photo: 茂呂幸正
アウディ TT RSクーペ 試乗レポート

トルクバンドが広く鋭い加速力にTTと変わらぬ快適性

アウディ TT RSクーペ
アウディ TT RSクーペアウディ TT RSクーペ

ドアを開けると、タイトな車内一杯に専用のバケットシート(オプション装備)が鎮座している。

肩の部分の張り出しの大きさが、タダモノではない。しかし、競技用ではないのでシートの高さやバックレストの角度も調整可能。座面サイドの張り出しも大きいが、競技用のような乗り降りのしにくさはない。

座り心地は上等で、誂えたスーツに腕を通した時のようなフィット感がある。ステアリングホイールはグリップ下端がフラットになった、これまた専用品。滑り止めのディンプルが施され、握り心地が素晴らしい。トランスミッションは6段マニュアル。

エンジンを掛けて走り出すと、とても340馬力もあるようには感じられない。

アウディ TT RSクーペアウディ TT RSクーペ

クラッチを踏み込み、短かめのシフトレバーでローを選び、発進する。呆気ないほどのスムーズさで、TT RSクーペはダッシュを開始する。メータパネル内の向かって左側の回転計の針が、素早く2,000、3,000、4,000、5,000と駆け上がっていく。

最高出力は5,400から6,500回転の間、最大トルクは1,600から5,300回転もの広い範囲で発生しているので、あまり上まで引っ張る必要もないだろう。

2段、3段、4段とシフトアップを繰り返していくと、TT RSクーペはすでに高速域に達している。驚かされるのは、やはりエンジンの滑らかさとパワーの出方のマナーの良さだ。荒々しいところが一切ない。

その上、低い回転数からのトルクバンドが広いので、どこからでも鋭い加速を繰り返せる。太く、径の大きなタイヤと専用サスペンションからスパルタンな乗り心地を想像していたが、杞憂に終わった。

アウディ TT RSクーペ

引き締まってはいるが、路面からの直接的な突き上げなどは皆無だった。エンジンノイズやロードノイズの小ささも、TT RSクーペの快適性を高めている。ハンドリングは一般道を走る限りにおいては、安定性の高い弱アンダーステア傾向だった。

TT RSクーペの速さには舌を巻かされたが、それと同じくらいに快適性と実用性も高い。速さのために両者を損なっていないのである。TTと変わらぬ快適性と実用性の高さをTT RSクーペも持っている。実際に座ってみたが短時間なら大人が座れるリアシートや、テールゲート付きのトランクスペースなどの利便性も見逃せない。

新開発の直列5気筒直噴ターボエンジンの実力はとても高く、速く快適なクーぺに仕上がっている。個人的には、あとホンの少し薬味を効かせても良かったのではないかとも思った。

だが、長く乗り続けることを想定すると、このくらいのバランスの方が飽きが来ずらいのかもしれない。悩ましいところだ。

筆者: 金子 浩久

アウディ TT RSクーペ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ TT RSクーペ の関連記事

アウディ TT RSクーペの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ TT RSクーペ の関連記事をもっと見る

アウディ TT RSクーペ の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円