autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ TTロードスター 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2007/1/22 13:42

アウディ TTロードスター 海外試乗レポート(2/3)

関連: アウディ TTロードスター Text: 西川 淳 Photo: アウディ・ジャパン株式会社
アウディ TTロードスター 海外試乗レポート

おそらく、もっとも実用的なオープンカーの1台であろう

ルーフがソフトトップになるだけで、内外装ともに基本的にはクーペと同じ”見かけ”である。例のアルミニウムとスチールのハイブリッドボディももちろん継承されている。ただし、アルミルーフがソフトトップになったため、サイドシル強化に遣われたアルミ分を差っぴいても、クーペに比べると9%ほどアルミ使用比率が低くなっている。

3層の生地からなるソフトトップを採用するが、柔さや頼りなさを感じることはない。そもそも小さくまとまったトップであるうえに、前半部分をクローズド時にはルーフライナーに、オープン時にはトノカバーになる硬い構造としているためで、強度的にも精神的にもこれで十分だと思えた。ソフトトップのカラーは、ブラックとグレーの2種類。

ボタン1つ、フルオートマチックの開閉機構を備える(欧州仕様にはマニュアル操作が標準)。全開閉にかかる時間は、手元の時計では、11秒(メーカー公表値は12秒以下)。ちなみにタウンスピード(50キロ以下で可能だが、推奨速度は30キロ)ならば開閉操作を行うことができるから、赤信号で青空が見たくなっても、急に雨が降ってきても、便利に対応できるだろう。

また、風除け対策として、電動でせりあがるウィンドウディフレクターがシート後部に設けられた(欧州仕様ではオプションだが、日本仕様はおそらく標準だろう)。その背後に2つのファッショナブルなロールバーが立っている。

グレードの違いを外観から判断するのは難しいが、FFは16インチアルミが、クワトロは17インチがそれぞれ標準で、オプションって18インチや19インチの設定もある。両モデルをはっきり区別したいなら、テールパイクを見るべきだ。左右2本出しとなるのが、V6+クワトロである。Sラインなどが出ない限り・・・・・・。

特筆すべきは、オープン時のトランクスぺ―スだ。なんと、リモアのラージサイズトランクがすっぽりと納まる。ネコもシャクシもリモワ派なご同業たちは、成田通いのできるオープンカーだと絶賛していた。リアシートにはトランクスルー機構も備わっているから、長尺物の収納も可能。おそらく、最も実用的なオープンカーの1台であろう。

インテリアの雰囲気はクーペに準じる。ロードスターだからといって変わるところはない。1つだけ、先代で好評を博したグローブレザーのシートが、新型にも設定されている。もちろん、色鮮やかな高級レザーシートなど、クーペに準じたインテリアオプションも豊富に用意された。

アウディ TTロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ TTロードスター の関連記事

アウディ TTロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ TTロードスター の関連記事をもっと見る

アウディ TTロードスター の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/27~2017/7/27

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円