autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アウディ TTロードスター 海外試乗レポート

試乗レポート 2007/1/22 13:42

アウディ TTロードスター 海外試乗レポート(1/3)

関連: アウディ TTロードスター Text: 西川 淳 Photo: アウディ・ジャパン株式会社
アウディ TTロードスター 海外試乗レポート

クーペ同様にファッションセンスとスポーツカーとしての要素を凝縮

初代と同様に、クーペの次にはロードスターバージョンを、という既定路線ではある。クーペは2代目で本格的なスポーツカーへと変身を果たしたが、ロードスターでもその本質は変わらない。そのことを顕著に表しているのが、ソフトトップの採用とサイドシルの補強である。

流行りのリトラクタブルハードトップ(CC)など、ハナから採用するつもりがなかったらしい。CC最大の欠点といえば、ソフトトップ&ノーマルルーフに比べると重い屋根が高い位置にあることと、それが移動することによる重量配分の変化が、走りに決定的な影響を及ぼす点である(単純な重量増ももちろん!)。メルセデスベンツSL級のビッグクルーザーサイズならまだしも、コンパクトなクルマでそれは大問題だ。

スタイリング的にみても、重量物を折り畳まなければならないために制約が多くなり、必ずしも”格好いい”カタチにならないのも難点だと、個人的にはみている。ラゲッジスペースがオープン時に損なわれることが多いのも実用上の問題点だろう。

2代目TTは、初代のファッションセンスを引き継ぎつつもリアルスポーツカーを目指した意欲作だ。ロードスターのコンセプトも当然、それと大きくは変わらない。重量の単純増と開閉時の変化量が最小限ですみ、かつスタイルにエレガントさを与えるソフトトップを採用したことには、大いに賛同したい。

ルーフを取り除くことによる剛性面での補完は、サイドシル周りを強化することでまかなった。アルミ押し出し材を用いた複雑な形状のシルを二重構造にして採り入れ、旧型比120%アップのねじれ剛性を得ている。電動開閉タイプで重量増は67kgだ。

クーペと同じランニングコンポーネンツを採用している。すなわち、2種類のパワートレイン(2リッター直4ターボTFSI+FFと3.2リッターV6FSI+クワトロ)が用意され、ミッション形式も6速マニュアルか6速Sトロニック(DSG)からの選択になる。

ロードスターが追加されたことで、TTのラインナップが完成したことになり、ファッションセンスではアルファロメオ ブレラ&スパイダー連合とがちんこ勝負、スポーツ性能面ではポルシェ ケイマン&ボクスター連合あたりまで十分ライバル関係になりうる。

TTロードスターを走らせたのは、冬のモナコ近郊であった。モナコ市街の背後にそびえる山間のワインディングを、TTロードスターが水を得た魚のように駆け巡る。土地柄に負けないオーラを放っていた。

アウディ TTロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ TTロードスター の関連記事

アウディ TTロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ TTロードスター の関連記事をもっと見る

アウディ TTロードスター の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/20~2017/11/20

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q5

    新車価格

    657万円704万円