autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート アウディ ドライビングエクスペリエンス 体験レポート 3ページ目

イベントレポート 2010/6/8 15:35

アウディ ドライビングエクスペリエンス 体験レポート(3/4)

関連: アウディ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
アウディ ドライビングエクスペリエンス 体験レポート

R8などのスーパースポーツで週回路を走行!

つづいて、スキットパッドでスポーツ性を体感するプログラム。圧雪路並みに滑る、摩擦係数0.3μという水をまいたタイル路面を旋回する。

インストラクターはモータージャーナリストの斎藤聡氏。比較車種として、BMW3シリーズが用意されており、ESP(DSC)をOFFにして周回することで、過大な駆動力をかけたときにクルマがどう動くか、駆動方式による違いはどうかを体感してもらう。

BMWは後輪駆動につき、ホイールスピンしやすく、オーバーステアが出やすい。それに対して、4輪駆動のアウディはトラクションが高いので、踏むと即座に前に出るし、動き出してからもいたって安定している。

「BMWはあのぐらいのスピードでも破綻してしまうんですね。アウディのほうがずっと速いスピードで走れることがわかりました。こういう状況は雪道などで現実にも起こりうると思いますが、その際アウディのほうがずっと頼もしいですね」(比留間さん)

「BMWもコントロール性はよかったけど、アウディのほうが限界ははるかに高いですね。ESP(DSC)をONにすると、どちらも似たような動き方になるのでしょうけれど、OFFにするとこんなに違うんですね」(角田さん)

そして最後に、周回路とハンドリングサーキットで、アウディの高性能モデルに乗り、高速安定性の高さとフットワークのよさを体感してもらった。

インストラクターはジムカーナチャンピオンの井野まり子さん。

試乗車として用意されたのは、TTS、S4、S8、R8というそうそうたる車種たち。ふだんはなかなか触れることのできないR8のようなスーパースポーツに乗れるのも、アウディドライビングエクスペリエンスならでは。スポーティな走りはもちろん、クワトロによる安定性の高さもポイントだ。

中でも、お二方がとくに興味を持っていたのが、A4と近い関係にあるS4だった。

「6気筒エンジンはとてもスムーズ。シフトチェンジもなめらかだし、静粛性も高いし、乗り心地もよかったですね。お金があったらぜひ欲しいクルマです」(角田さん)

「アウディのSというと、もっとハードなイメージがあったのですが、とてもしなやかに走ることのできるクルマですね。A4よりだいぶ高価ではありますが、現実的な選択肢としてもアリだと思います」(比留間さん)

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ の関連記事

アウディの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ の関連記事をもっと見る

アウディ の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/26~2017/7/26

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q2

    新車価格

    299万円490万円

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円