autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート アウディ ドライビングエクスペリエンス 体験レポート

イベントレポート 2010/6/8 15:35

アウディ ドライビングエクスペリエンス 体験レポート(1/4)

関連: アウディ Text: 岡本 幸一郎 Photo: オートックワン編集部
アウディ ドライビングエクスペリエンス 体験レポート

日常では体験できないアウディ車の高いパフォーマンスを味わえる

運転中に起こりうるさまざまな危険な状況を体験し、その原因と対処法を学ぶとともに、卓越したアウディのスポーツパフォーマンスとアクティブ・セーフティ・テクノロジーをダイナミックに体験できる機会を提供してくれる「アウディドライビングエクスペリエンス」。

日本でも2001年より開催されており、これまでも多くのアウディオーナーもしくはアウディに興味を持つユーザーが、ドライビングを通じてアウディの先進の哲学とテクノロジーを体感してきた。

今回は愛車の買い換えを検討中で、アウディに大いに興味を持っているというオートックワン読者のお二方、比留間さんと角田さんに同イベントを体験してもらい、アウディに対する率直な印象を語ってもらった。

愛車E39型BMW525iが、まもなく6度目の車検を迎えるのを機に買い換えを予定しているという比留間英司さんの有力候補は、A4セダンの2.0TFSIクワトロ。

ひさびさの買い換えにあたり、現在アウディをはじめ、BMW、メルセデス、アルファロメオなどのディーラーめぐり、いろいろなクルマに触れて、「選ぶ」こと自体を楽しんでいるところという。

今では5シリーズクラスのクルマが軒並み大きくなったので、ひとつ下のクラスで考えており、中でも3シリーズやCクラスより少し大きめのA4がちょうどいいとのこと。さらに、A4のデザインも気に入っているし、Sトロニックやクワトロ、パワフルで効率のよいTFSIエンジンなど、アウディならではのテクノロジーにも興味があるとのことだ。

角田朗さんの現在の愛車は、E91型BMW320iツーリング。

その前はE46型BMW320iを数年愛用しており、約1年前に現在の愛車に買い換えたところ、加速フィールや乗り心地に不満があり、乗るたびにストレスを感じるため、早くも買い換えを考えているという。

BMWを乗り継いだのは、とくにBMWファンというわけではなく、そのタイミングでいいクルマを探した結果、たまたまBMWが続いたとのことだが、そんな角田さんが今、とても興味を持っているのが、A4アバントだ。

Dセグメントのワゴンの中で、比留間さんと同じくBMWやメルセデスも検討中だが、積載性、快適性に優れ、同価格帯でもっともパワフルなA4の2.0TFSIクワトロを本命と考えているという。

会場は栃木市にあるGKNのテストコース。

今回は“クワトロドライビングエクスペリエンス”と題されているとおり、クワトロの優位性を知るのがテーマ。まず、クワトロの30年の歴史や優れた部分を解説するプレゼンテーションがあり、それを存分に体感してもらうために用意されたプログラムの説明が行なわれた。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ の関連記事

アウディの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ の関連記事をもっと見る

アウディ の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/18~2017/11/18

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ
    Q5

    新車価格

    657万円704万円

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円