autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー アウディ、美人秘書搭載のSUVクーペ「エレーヌ」を世界初公開【フランクフルトショー2017】

モーターショー 2017/9/14 14:25

アウディ、美人秘書搭載のSUVクーペ「エレーヌ」を世界初公開【フランクフルトショー2017】

関連: アウディ Text: オートックワン 編集部 Photo: Audi AG
画像ギャラリーはこちら

アウディは、2017年9月12日に開幕したフランクフルトモーターショーで、電気自動車SUVクーペ新型エレーヌのワールドプレミアを行った。

エレーヌは上海で発表されたコンセプトカー「e-トロン スポーツバック」と、ボディライン、電気駆動システム、エクステリアライトを共有している。

この電気駆動システムは、将来アウディの市販EV車に採用予定のフロントアスクルに一つ、リアアスクルに2つの電気モーターをそれぞれ設置し、4輪駆動を行う構成となっている。

クルマはAIで、あなただけの美人秘書へと進化する

エレーヌがe-トロン スポーツバックと異なる点は数年後の市販モデルに適応される予定のアウディAI機能である。自動運転レベルは4となる。

特にリアに搭載されるzFASコントローラー(セントラルドライバーアシスタンス)が要となる。

zFASコントローラーは、レーダーセンサー、フロントカメラ、超音波センサー、レーザースキャナーのシグナルをモニターし、車周囲の環境イメージを生み出すタブレッドサイズのコンピューターである。

エレーヌでは、zFASコントローラーの演算機能の向上や、センサーの精度をあげることにより、ハイウェイパイロットと呼ばれるA8の60km/hまで対応しているトラフィックジャムパイロット機能を拡張し、高速道路において130km/hまでの自動運転を可能とし、ドライバーの介入なしに、車線変更も自発的に行う。もちろん、ドライバーが介入したいときは自動モードを解除できる。

一般道でも、安全システムのプレセンスや、予測効率アシスタントなどのドライバーアシスタンスシステムでサポートを行う。HEREのナビゲーションデータを活用することで、さらに正確なルート案内が可能となる。

また、人工知能を利用したPIA(パーソナル・インテリジェント・アシスタント)は、ドライバーが快適な環境で可能な限り運転操作せず、AIが自律的に運転操作を行う運転を理想とし、それらの判断は、交通状況、ドライバー個々のデータ、ネットデータと照合して行われる。AIが行動パターンを学習することにより音楽の選択、エアコンの調整、駐車スペースの提案などを的確に行うように進化する。ドライバーは声でPIAに指示を行うことができる。

PIAのデータは閲覧、変更、削除することができ、更に車を乗りかえればPIAデータを引き継ぐことも可能である。

PIAによりクルマはドライバーに付き従う理想のパートナーとなる。

エレーヌは、ドライバーが車に乗り込んだ時より、降りるときの方がリラックスしていることを狙いとしている。

これはPIAにより、ドライバーは手首に巻いた端末から生体信号情報をエレーヌに提供することでドライバーの体調により最適な運転環境を創出し、健康と幸福を向上させるアウディフィットプロジェクトという取り組みにより達成される。

具体的には、エレーヌがドライバーのストレスを感知するとシートマッサージ機能、空調機能、ディスプレイを使った呼吸法のガイダンス、照明によるムード演出を行う。

自発的なコミュニケーションによりクルマの擬人化は加速する

さらに、エレーヌはLED技術により、自発的なコミュニケーションを取ることが可能となる。

ボディの前後にLEDユニットで自律運転モードでの運転状況を周囲に伝え、プロジェクターで前方にマークを映し出すことで周囲との多様なコミュニケーションを可能とする。

また、アニメーション機能のあるLEDフィールドを使うことで、乗降時に乗員それぞれに挨拶のサインを行う事も可能である。

インフラと車の結合が、さらにクルマをヒトに近づける

また、エレーヌは、車がIoT(internet of things)デバイスとなる未来を予見している。

現在アウディは車とインフラが結ばれた場所をアウディAIゾーンと呼び、実用化に向けスマートデザイン対応の標準インターフェエスやアプリを開発している。

これは、ドライバーなしで自動車を自律的に走行させ、駐車、洗車、給油サービス等を自動的に完了させるためのものであり、車がドライバーなしに自律運転を行うにはインフラとの結びつきが不可欠なのである。

車が自律的に作業を行う間ドライバーは、車を離れアプリによりクルマの動きを確認し、サービスを追加することができる。ドライバーが指定した時間に、降りた地点に向かえば作業を終えた車が出迎えてくれる。

[アウディ エレーヌ概要]

全長:4.9m(A7に近くCセグメントにあたる)

全幅:1.98m

全高:1.53m

ホイールベース:2.93m

出力:320kW(ブーストモードでは370kWを発揮)

0ー100km/h加速:4.5秒

バッテリーエネルギー容量:95kWh

航続可能距離:500km以上

ホイール:大径23インチホイール

充電方法:150kWの高速充電もしくはアウディワイヤレスチャージングシステムによる非接触充電

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アウディ の関連記事

アウディの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アウディ の関連記事をもっと見る

アウディ の関連ニュース

アウディ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21

  • アウディ
    A1

    新車価格

    249万円364万円

  • アウディ

    新車価格

    293万円461万円

  • アウディ
    Q5

    新車価格

    657万円704万円